毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月17日 (水) | 編集 |
2件目のK病院(外科)で、CTを撮ってもらい、おそらく子宮筋腫だろうと診断される。
CTの写真を見たら、腰の辺の真ん中に直径15cmくらいの丸い影が見えた。
先生(30代男性)から「これが腫瘍ですよ。」とペンで示されて、その大きさにビックリ。
腹水だけでなく胸水まで出ていて、レントゲンには右の肺の上から3分の2の部分が真っ黒に写っていた。
その黒く写っている部分が胸水なのだという・・・。

先生に「こんなに胸水が出ていたら、相当苦しかったでしょう?」と言われたが、自覚症状無し。

まぁ、そう言われれば、多少(?)息苦しい時もあったかな?


先生「さて、・・・どこの病院がいいですかね?」
私「は?」

K病院の産婦人科は、一時閉鎖されていたため、手術の設備が整っていないので、手術出来る他の病院に紹介状を書いて下さるという。

K病院なら自転車で来られるので丁度良かったのだが、仕方がない。

自宅から自転車で通える範囲の病院名を2つくらい言うと、先生(看護婦さんも一緒に)首を振る。

先生「こちらとしては、J大学病院をお薦めします。」
隣で婦長さんらしい(?)看護婦さんも、「安心出来る病院の方がいいわよ。」と仰る。

確かに、これだけ大きな腫瘍だと、開腹手術になるだろうし、手術に慣れた病院の方が良いにきまっている。
先生と看護婦さんのお薦めに従う事に。


5月26日(土) 紹介状とCT画像の入ったCDを持って、J大学病院へ。
(電車とバスで約1時間弱だから、まだ近い方かも・・・。)
旅行から戻られた専務が付き添って下さった。

K病院からの紹介状があり、腫瘍の摘出手術という事で申し込んだので、手術に備えての健康診断(血液検査・レントゲン等)をするが、肺活量の検査で、手術に対応できる数値に足りなくて・・・。

担当の先生?看護士さん?(20~30代前半の男性)の「頑張って!!もう少し!!」の声に、必死で息を吐く。
こんなに(肺活量が足りなくなるほど)胸水が出ていたのか・・・。

血管が切れる~!!と思った瞬間、「はい!OKです。」の声で脱力。(助かった・・・)
何とか、手術できる数値までいった。

主治医(60代後半?の男性)の先生の診察。
手術・入院の予定を決める時、怖る怖る口にしてみた。

私「先生、お店をやっているので、そう長くお休み出来ないんですけど、内視鏡手術で・・・と言う訳にはいかないでしょうか?」

先生「(ちらッと私を見て)そんな、簡単な手術じゃないよ。(腫瘍が)大きいからね。」
(*内視鏡手術は先生の腕が必要だけれど、患者さんには負担が少なく、入院から退院まで約1週間で終わる。)

先生の予定が空いている日という事で、手術日は6月19日。入院は3日前の6月16日。
3日も前に入院?!

おまけに、入院の前に、麻酔科の先生との面談日・MRIを撮る日(MRIは予約が必要な為、すぐには撮ってもらえない)、MRIの結果による主治医の先生との面談日・・・3日も来院する必要がある。

私「退院はいつ頃でしょうか?」
先生「手術の経過が良ければ、この辺かな?」6月のカレンダーの29~30日頃をペンで示しながら仰る。

力仕事ではない為、経過が良ければ7月の頭頃からお店を開けられる・・・(あくまでも経過が良い場合で、手術は何があるか分らない。)と言われて、やっと(?)腹が決まる。一ヶ月はお店の事は考えないで、病気を治す事に専念しよう。

主治医の先生に寄ると、腹水は良性腫瘍の場合でも溜まるので、問題は無いらしい。
先生の見立てでは、子宮より卵巣の方に(腫瘍が)あるように思うが、CTだけでなく、MRIの結果を見てみないと病名と手術の詳しい内容は言えないとの事。MRIの予約が6月7日(木)にしか取れなかった為、病名が分かるのは9日(土)になる。

健康診断、先生の診断、手術日・入院日の決定・・・これで終わりかと思ったら、入院中にお世話になる看護婦さんから入院の注意・入院に必要な物の説明があり、さらに、カウンセリング担当の看護婦さんから、私や家族の病歴や今まで経験した怪我の話を聞かれる。入院・手術についての心配に関しても、細やかに聞いて下さる。

(このカウンセリング担当の看護婦さん、女優の永作博美に似た笑顔の素敵な女性。性格も笑顔以上に優しく包み込まれるようで、ついつい何でも話してしまう。話しながら、全く記憶から消え去っていた病気を思い出したり。怪我はまぁ、日常茶飯事だったから数え切れないほどだけれど・・・。)
20分くらいのカウンセリングの後、手術当日のイメージトレーニング用のDVDを観る。
Drコトーや救命病棟24時等の医療ドラマで見慣れているから、手術室に対してあまり怖いイメージは無いが、人に寄っては、恐怖心に襲われる人もいるらしい。


5月30日(木)には、麻酔科の先生とのカウンセリング。
開腹手術は全身麻酔の為、家族に麻酔が合わない人間がいると問題がある事もあるらしく、家族の病気とか怪我とか・・・詳しく聞かれた。幸い(?)、私の場合は、家族全員、全身麻酔の手術を経験していた為、問題無し。


何て言うか・・・最近の病院では手術の前に同意書を書かせられるけれど、その分、病院側でも、患者さんが安心して手術が受けられるように、また手術が上手くいくように、ここまで対応してくれるのか・・・。今更ながら、紹介状を書いて下さったK病院の先生に感謝。


      次回 病名決定~入院 へ続く 。



スポンサーサイト
2011年07月15日 (金) | 編集 |
毎日のように、TVで紹介される冷感グッズ。
先週、よく行くドラッグストアで、ちょうど良い商品を見つけた。

首に巻いてマグネットテープで止めるようになっていて、
中に水分を含むと膨らむゼリーが入っている。
なので、水に浸すだけでOK。
おまけに、一個 ¥198- で、
安い!!

安いから専務の分も買ってあげよう♪♪

2個買い物カゴに入れてレジへ。
他にもシャンプーとか殺虫剤とか買ったので、
支払った金額が少し多いかな・・・と思ったけれど、
不思議には思わずにいた。





翌日、専務(の首に)巻いてあげようとしたら、
専務「ヘビみたいで気持ち悪い!!」と、拒絶された。
そんなものを首に巻くなんて、絶対に嫌だ・・・と。
身震いされる程の拒絶にあう・・・(涙)。

専務に否定されて悲しかったけれど、
他の人からは、好印象。
ご来店された(女性の)お客様や、
商店街の事務所の人達・商店街の奥様方・・・。
会う人会う人に、「それ、良いわね。どこで買ったの?」
と声を掛けられ、いい気になって宣伝を。

「これ、中身がゼリーだから、体温より高くならないんです。」
朝、水につけて膨らませると、夜まで体温より低いままだし。
水か洗剤で軽く洗えるし、何と言っても、

 一個200円しない!! 




10人以上に、宣伝して2~3日後・・・。
レシートのチェックをしていて、気づく。
 

マジクールフィット 1個¥798- 


RIMG0071_convert_20110715144437.jpg
(写真は水分を含んだ状態)

RIMG0069_convert_20110715144516.jpg



ななひゃくきゅうじゅうはちえん??~ 『1』と『7』見間違えた~ 

真実に気づいた翌日、
宣伝した商店街の事務所に謝罪の電話を入れた。
そして、商店街の奥様方には、顔を見て謝罪・・・。
本当にごめんなさい。

皆様、”(そんなに安いなんて)おかしいと思ったわ”と、
笑って流して下さった。
798円の商品を購入された方とか、
200円くらいの別の商品を買ってしまわれた方・・・。
買いに行ったけれど、売り切れてしまっていた方。

皆様本当にお騒がせ致しました。
申し訳ございません。

昨日、上記ドラッグストアに行ったら、入荷していました。
価格は

”¥698-”
 

¥100-安くなっていました・・・。




2011年07月01日 (金) | 編集 |
「うわぁ~!!痛い~!!(涙)」

専務「どうしたの?・・・あぁ~なにやってんの。」




6月から連日の気温30度超え。
お店にはエアコンが2台あるけれど、(下の画像参照)

misemadoricanbas.jpg


入口が開いているのと、冷房の向きがレジの方を向いていない為、
設定29度だと、暑くて暑くて・・・。

レジの後ろの裏口のドアを開けていれば、
少しは風の流れがあるのだけれど、
7月末まで(お店の)ビルの外壁の工事中の為、
開けられなくて・・・我慢我慢・・・。

団扇で扇いでいたけれど、お昼食べると暑さ倍増・・・。

(暑さに)耐え兼ねて、店頭のミニ扇風機のサンプル品を
持ってきてスィッチON。

「あ~!!暑い!!」

羽がビニールで柔らかい為、顔を近づけても安全・・・。

・・・・・・しかし・・・

 顔を近づけすぎて、髪の毛が羽に巻き付いてしまって、パニック!! 

専務「ちょっと待って。」
スィッチを切り、扇風機を解体(?)して、
巻き付いた髪の毛を切らないで、外そうとして下さったのだけれど、
パニック状態だった私は、自分で(机の上の)ハサミを手に取り、

「専務~早く髪の毛切って下さい~」

叫びながら、自分で切ろうとしたので、
専務も外すのを諦めて、カットして下さった。

はぁ・・・・。疲れた。

RIMG0065_convert_20110702183638.jpg
髪の毛を巻き込んだミニ扇風機

RIMG0066_convert_20110702183753.jpg
ミニ扇風機から外した髪の毛。

ミニ扇風機も復活。
(もちろん、専務のおかげです。)




この後、30分後。

手が滑って、ミニ扇風機が落下。
「あ~!!(扇風機が)動かない~(涙)」

専務「・・・貸して・・・。・・・。はい。」

ささっと、治して下さいました。

いつも本当にありがとうございます。



2011年01月13日 (木) | 編集 |
昨日、購入したセラミック温風ヒーター。
強にすると1200Wもある。


朝、お店の開店後に、電源スィッチをONにするもの。
<パソコン・防犯カメラ(TV)・レジスター・セラミック温風ヒーター(強)、そして、電動ポット。>

開店準備を終えて、パソコンでメールのチェックをしていると、

 ”バン!!” 

と、大きな音がして、TVも、パソコンもレジもヒーターも切れてしまった。

お店の電灯は、別の電源なので、お店は明るいまま・・・、
なので、何が起こったのか、しばらく気が付かないまま・・・。


そうか!!ブレーカーが落ちたんだ!と気付いて、
慌てて、ブレーカーの戸を開けようとして・・・。


ブレーカーの戸は引っ張って開くタイプ。
(戸の)前に、ファイル(5~8cm幅の厚いファイル)が3~4冊置いてあり、
ファイルを退けようとして焦っていた為、ファイルがまとめて ”ドサッ”と落ちてきた。

慌てて逃げたので、無事だった。

戸を開けて、ブレーカーを戻し、レジスターの電源を入れ、パソコンを立ち上げて・・・、
ヒーターとポット両方は危ない・・・ので、ポットのみ電源を入れてみる。

大丈夫!!

しばらくすると、”ブツブツ・ブツブツ”という音がして、
ポットのお湯が湧いた。

そこで初めて、ブレーカーが落ちた原因に気づいた。

ポットのお湯が湧く時、電気を使うんだっけ。

明日から、ポットのお湯が湧いてから、ヒーター入れなくては・・・。


原因が分かって、ホッとしたのも束の間。

ヒーターのスィッチを入れようとして、昨日は無かった”キズ”を発見!!
それも2ヶ所・・・。

newseramickizu1.jpg
seramichitarkizu2.jpg


私はファイルの落下から逃げたけれど、ファイルの角がヒーターを直撃したらしい。

たった一日で傷物になってしまった温風ヒーター・・・。
懲りずに、なが~いお付き合いをお願いします。





2011年01月10日 (月) | 編集 |
昨日の日記で専務が仰った ”茶箪笥の話” 。

もう6~7年も前のお正月、実家でお正月を過ごして東京に帰る日の朝のこと。

朝食後に台所へ行こうとして、何かに躓(つまず)いてフラ~ッと、よろめいた。
その拍子に、右前に置いてあった食器棚(高さ180cmくらい)に寄り掛かってしまった。
私の立っていた位置が食器棚の少し後ろだった為、
全体重で食器棚を前に押してしまうことに・・・。

 「あ~!!」 

私の悲鳴に(その場に居た)両親と甥っ子(妹の息子・当時小4?小3?)が振り返る。

4人の目の前で(食器棚が)グラッと揺れたと思ったら、
スローモーションのように”フラ~”と、1mくらい前のテーブルに倒れ掛かった。

ガッシャーン!!

(食器だなが)倒れた瞬間、時が止まった。

私はもちろん、両親も甥っ子も一言も発さないまま・・・数分。

次の瞬間、母がハッと我に帰り
「お釜(かま)!お釜(かま)!」と叫んで、慌てて食器棚の所へ。
(食器棚とテーブルの間にラックがあって、その上に炊飯器が置いてあったのだ。)

母に釣られて、父と私にもスィッチが入る。

倒れた食器棚を3人で持ち上げると、
ケースのガラスと壊れた食器がガシャガシャと崩れ落ちる。

あぁ~・・・・。

年末に新しく買い換えたばかりの炊飯器と聞いて、ゾッ~としたが、何とか無事だった。
でも、食器棚にあった食器は、プラスチック製のもの以外全滅。
お茶碗・お湯呑みは言うまでもなく・・・
母のお気に入りのコーヒーカップ&ソーサーやお皿までみごとにグシャグシャに。(涙)

蜜柑を入れるキャリー(60×50×40くらいのプラスチックの箱)が、
割れたガラスと食器で山盛りになってしまった。

謝る私に、父も母も、もともと食器棚の立て付けが悪くなっていたのを
直しそびれていたから、私の責任では無いと言ってくれたのだけど、
新年早々の失態と、棚の倒れる衝撃、
そして、割れたガラスと食器の崩れ落ちる感覚があまりにもショックで・・・。

その日、松山で(私の見送りに)合流した妹に話すと、妹、絶句。

「・・・あのお母さんの大事にしとる(してる)お客さん用の食器も?」
「うん。全滅。」
「・・・・。」

その日、せめてものお詫びに、妹に付き合ってもらって、
お皿やお茶碗など20個くらい買って(両親に)渡してもらった。


唯一、お笑いが大好きな甥っ子に、滅多に無い場面を見せて喜ばれたくらい。
最高に面白かったらしい・・・。

東京に戻って、専務にこの話をしたら、強烈に印象に残ったらしく、
6~7年経った今でも、私がモノを壊す度に

”仕方ないよ。茶箪笥倒すくらいだから。”と仰るのである。

よく、TVドラマとか映画で、何かが倒れる場面でスローモーションになるけど、
あれって、本当なんだと、この時、実感しました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。