FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2005年05月24日 (火) | 編集 |
去年の5月、お店にかわいい女の子がご来店。
とても人懐っこい笑顔の3~4歳くらいの女の子で、手にこいのぼりの付いた風車を持っていた。

風車と女の子のセットがとてもかわいくて、「こいのぼり付きの風車いいなぁ~おねえちゃん(去年は自分でも言えた。今年は流石に自分からは”おねえちゃんと”言えない。)も欲しいなぁ」と言ってしまった。

数日後。外出から戻った私に、「谷泉さんに、プレゼントだよ。かわいい女の子から。おねえちゃんに、だって。」と専務。見ると、先日あの女の子が持っていた風車。「えっ~。冗談のつもりで言ったのに・・・」どうしよう。大事にしていた風車だったら。風車は嬉しかったけれど、ちょっと自分の言葉に後悔。

でもその数日後。その女の子と会った時、彼女の手には、新しい風車が。そうか。もう1つ持っていたのか~ひと安心。この時に、このかわいい女の子と来年のこどもの日には、もらった風車をお店に飾る事を約束した。

そして、今年のこどもの日。1週間前くらいからお店の前に飾る。

55_120050524.jpg

飾って2日ぐらいして、「おねえちゃん~ありがと!かざってくれてありがと~」と叫びながら女の子がお店に駆け込んで来た。風車をくれた女の子だ。見つけてくれたんだね。

とても喜んでくれて、一緒にいたお友達にもお店の前に飾ってある風車が、自分があげたものだと説明している。こんなに喜んでもらえて、こちらこそ嬉しい。良かった。来年も飾るね。

スポンサーサイト