FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2005年06月24日 (金) | 編集 |
1年間お世話になったメーカーの営業さんが、担当を替わられる事になった。
いつもの事だが、一抹の寂しさを覚える。

ふと、『さよならだけが人生だ』の言葉が頭に浮かんだ。

先日、オオサンショウウオの件で、井伏鱒二を思い出したからだろうか。(井伏鱒二が漢詩の「勧酒」の中の『人生足別離』を『さよならだけが人生だ』と和訳した。)

余計に寂しい。
本当に・・・1年間お世話になりました。またいつかお会い出来るといいですね。

スポンサーサイト