FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月16日 (金) | 編集 |
今までに無い継続力。

最近、石鹸の泡の汚れに快感を覚えてきた。
それだけではない。

お店で風邪引きのお客様を接客した後、頭が重くなったり、ノドがイガイガしてきたり、
声がおかしくなったりするのだけれど、帰宅して”うがい”をすると、
そういう?菌を取り除いてくれるみたいで、翌朝起きると風邪の気配はかけらも無い。

”うがい”をしなかった時は、その日の夜熱が出る事が多かった。(大抵、熱は一晩で引く)
”うがい”を始めてから、もう3度ほど・・危ない日があったのだけれど、
”うがい”で、乗り越えられた。
余程(?)強い菌でない限りは、撃退出来そうだ。

実は、今もちょっとノドがおかしい。声も少し変わってきている。
今夜も”うがい”で乗り切ろう!!


2005年12月05日 (月) | 編集 |
一昨日の深夜、テレビで劇場用『さらば宇宙戦艦ヤマト』の放映があった。

劇場公開されたのは、1978年・・・27年前。
当時高校生だった私、アニメの映画を観に行きたいと友人を誘うのが恥ずかしくて(まだ、宮崎アニメもディズニーランドも無かった時代。アニメ映画といえば、子ども向け映画のイメージだったのだ。)
1人で観に行こうとしたら、母親からストップが掛かった。”1人で映画なんてとんでもない”と。

仕方なく当時、小学3~4年生だった妹を連れて観に行った。
すごく込んでいたのと、ラスト号泣して、妹に「恥ずかしかった。」と言われた事を覚えている。
当時の映画の情報を調べたら、興業収入43億円。配給収入21億円。
記録的な大ヒットだったらしい。
この興行成績は、劇場用アニメ映画において、
宮崎駿監督の『魔女の宅急便』まで破られる事は無かったという。
愛媛の片田舎の映画館が大入り満員だったのもうなづける。

27年振りの映画。
クライマックスで、古代進が息絶えている恋人ゆきに「結婚式だよ」と言う場面、やっぱり涙。
古代進の声をやっていた”富山敬”が、1995年に亡くなった事を思うと、寂しい。
スポーツ新聞の一面に”古代進死す”と載っていて、何とも言えない喪失感を味わったんだった。
”七色の声を持つ”と言われていて、大好きな声優さんだった。
富山敬が好きだったから、映画館まで観に行ったのだ。27年振りの再会だった。

そういえば、映画のエンディングで流れる歌。
ジュリー(沢田研二)の歌だと思うけど、♪今はさらばと言わせないでくれ~♪という歌詞の歌、
題名が思い出せない。
佐々木功の歌うヤマトのテーマソングじゃなくて、ジュリーの歌の方が耳に残って、
朝から、このサビの部分だけ、頭の中で繰り返し流れている。

この部分しか歌えないっていうのは・・・・ツライ。

2005年12月03日 (土) | 編集 |
毎日どこかの番組でインフルエンザの恐怖が訴え(?)られているのを見ていると、
如何せん三日坊主の私でも、毎日帰宅してすぐ、うがいするようになった。

もう1ヵ月続いている。
続いているのには、理由がある。
手洗いとうがいを白い洗面台ですると、石鹸の泡の汚れがいやに目に付く。
“こんなに汚れているものか・・・”と驚くほど、泡が真っ黒だ。
この黒さを目の当たりにしてしまうと、結構(?)神経質な私は、手を洗わずには、いられなくなってしまった。

前のアパートに居たとき、浴室に洗面台があって、たまたま、お風呂で美容体操しようと、
鉄アレイを持ち込んだら、手が滑って洗面台を直撃。

(洗面台に)5~6センチの穴が開いてしまった。

穴の中に割れたかけらが入ってしまって取り出せず、接着剤でくっつけるという訳にはいかなかった。
結局、アパートを出るまで、洗面台は使用できなかった(涙)。
(出る時にちゃんと大家さんと不動産屋さんに許可取って直しました。)

だもので、今の部屋に越してきてから、ちゃんと(?)洗面台で洗えるようになったのだ。
と言っても、帰宅してすぐのうがいを始めたのは最近で、いつもは、台所で手を洗ってそのまま夕食の準備をするのが、日課だった。

そういえば、映画「三丁目の夕日」の中で、堤真一が朝起きて、台所で顔を洗う場面があった。
昔は、みんな台所で洗っていたのだ。
私が東京に気たばかりのアパートも台所しか無くて、お風呂は銭湯。
お風呂付のアパートに住んでいる人の方が少なかった。
あの頃は、お風呂付のアパートに越したくて仕方なかったのだが、たまに(同じアパートの)友人と通った銭湯への行き帰りを懐かしく思い出す事がある。

いつも行っていた銭湯がお休みの日、別のお風呂屋さんに行くのだが、
途中に通称(私達2人だけの)”おばけ屋敷”の前を通るのが怖かった事とか、
冬の夜、当時ソバージュだった私の長い洗い髪が、銭湯を出てアパートに帰るまでにカチンカチンに凍ってしまった事や、春の夜、2人で洗面桶を手に夜桜見物した事など、楽しかったなぁ~。

今では、洗面台の無いアパートの方が少ないだろうな~。
ン?インフルエンザの話から何でノスタルジーに?


2005年12月03日 (土) | 編集 |
夏はクールビズでエコ、冬はウォービズでエコ。

ウォービズと言われても、うちのお店は入り口が開いているから、どうしても寒い。
おまけに、私は寒がりだ。
暖かいという下着(500円~1000円前後)を何着か買って着ているが、やっぱり寒い。
やっぱり5000円以上の下着でないとダメなのかしら?
でも、とてもそんな下着買ってられない。仕方なく何枚も重ね着をすることに。


昨日、2~3枚重ね着した上に分厚いセーターを着込んでいた。
近所のお茶屋さんに行ったところ、社長さんに「そんなに太ったら、接客もできないでしょ?」と言われて、愕然とする。

さらに追い討ち。
社長さん「お店の中で身動きも取れないんじゃないの?」
続けざまに言われて、「これはセーターが厚いんです」と言い訳もできなかった(涙)。

最近、太って来たなって自覚していたから・・・。
あぁ~ショック。この社長さん、いつも私の顔を見ると、“健康の為に痩せなさい”と仰るのだ。

別のお客様(女性)には、「今からそんなに着込んで、真冬どうするの?」って言われるし。
(12月って真冬じゃないのか~??)


薄着にして、動けばいいのよね。動けば・・・。でも寒いと動けないし。



2005年12月02日 (金) | 編集 |
ちょっと前の事。
ラジオの番組で、ゲストに「あなたのモットーは何ですか?」という質問をしていた。

何気なく聞いていた私、ふと「う~ん。私は”初心忘るべからず”かな?」とつぶやいてしまった。

すると、後ろで、「あはは。」と笑い声。
続いて「あ~。可笑しい。谷泉さんに一番当てはまらない言葉じゃないか~。初心忘れてばっかりのくせに。」専務、大爆笑。

ムッ。そこまで笑わなくても。
自分でも、分かってますよ。「自分に当てはまらないから、目標とするんじゃないですか?」
情けなく言っても、まだ笑ってらっしゃる。

だから、もう1つ言い訳を。「昔、中学の頃の教育実習の先生が、下敷に書いてくれた言葉なんですよ。」
それが頭にあって、「あなたのモットーは?」と聞かれると、いつも「初心忘るべからず」と答えてしまう。
今回もつい口から出てしまったのだ。

かと言って自分のモットーにしていると言う訳ではないのだけれど、ここまで笑われると少し自分を反省する。3年前、お店をオープンした頃に比べると、最近はちょっと惰性になっているな・・・と。

あの頃、朝から晩まで、お店の配置や仕入れる商品の事ばかり考えていて、寝ながら、夢にも見ていたのに・・・。

やっぱりもう少し、オープンした頃の謙虚な気持ちを持ち続けなくちゃいけないな・・・。
反省。反省。

お部屋の片付けをしていたら、実習の先生が書いて下さった下敷が出てきた。
(ちゃんとあったでしょ?専務。)
135_22005120202.jpg
 時代の表れているイラスト。


135_12005120201.jpg
先生のサイン付きです。

割れたのをセロテープで貼ってあるのが悲しいし、下敷の絵柄に時代が現れているけど、懐かしい。今頃は、先生になっていらっしゃるのでしょうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。