FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2005年12月05日 (月) | 編集 |
一昨日の深夜、テレビで劇場用『さらば宇宙戦艦ヤマト』の放映があった。

劇場公開されたのは、1978年・・・27年前。
当時高校生だった私、アニメの映画を観に行きたいと友人を誘うのが恥ずかしくて(まだ、宮崎アニメもディズニーランドも無かった時代。アニメ映画といえば、子ども向け映画のイメージだったのだ。)
1人で観に行こうとしたら、母親からストップが掛かった。”1人で映画なんてとんでもない”と。

仕方なく当時、小学3~4年生だった妹を連れて観に行った。
すごく込んでいたのと、ラスト号泣して、妹に「恥ずかしかった。」と言われた事を覚えている。
当時の映画の情報を調べたら、興業収入43億円。配給収入21億円。
記録的な大ヒットだったらしい。
この興行成績は、劇場用アニメ映画において、
宮崎駿監督の『魔女の宅急便』まで破られる事は無かったという。
愛媛の片田舎の映画館が大入り満員だったのもうなづける。

27年振りの映画。
クライマックスで、古代進が息絶えている恋人ゆきに「結婚式だよ」と言う場面、やっぱり涙。
古代進の声をやっていた”富山敬”が、1995年に亡くなった事を思うと、寂しい。
スポーツ新聞の一面に”古代進死す”と載っていて、何とも言えない喪失感を味わったんだった。
”七色の声を持つ”と言われていて、大好きな声優さんだった。
富山敬が好きだったから、映画館まで観に行ったのだ。27年振りの再会だった。

そういえば、映画のエンディングで流れる歌。
ジュリー(沢田研二)の歌だと思うけど、♪今はさらばと言わせないでくれ~♪という歌詞の歌、
題名が思い出せない。
佐々木功の歌うヤマトのテーマソングじゃなくて、ジュリーの歌の方が耳に残って、
朝から、このサビの部分だけ、頭の中で繰り返し流れている。

この部分しか歌えないっていうのは・・・・ツライ。

スポンサーサイト