FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2006年07月23日 (日) | 編集 |
何日か前だが、朝のワイドショーで、沖縄県那覇市に住む夫婦の食中毒のニュースをやっていた。

朝、夫婦2人一緒に菓子パンと珈琲で朝食。
お昼、奥さんだけ市販のスパゲッティに庭で取れたナスを入れて食べたところ、訳の分からない事を口走り意識が無くなって、近くの病院へ運ばれた。
病院で意識を取り戻し異常も見当たらず、帰宅。
その後、ご主人の方が残りのスパゲッティを食べたところ、全く同じ症状で病院へ。

市販のパスタには、異常は無く、原因は庭で取れたナスの方だったとか。

このナス、被害にあった夫婦が朝鮮朝顔(和名)(曼陀羅華/まんだらげ/漢名)にナスを接ぎ木したもので、朝鮮朝顔の毒性に当たってしまったらしい。

この朝鮮朝顔、ナス科ではあるが、毒性が強く、かの花岡青洲が麻酔に使った事でも有名。
種はゴマ・根は牛蒡・葉はナスやハーブなどに似ている事から、間違って食べて病院に運ばれる・・・という事が多々あるらしい。

学者の人が朝鮮朝顔に当たったという事より、朝鮮朝顔にナスを接ぎ木出来た事の方が奇跡に近いと言って、驚いてコメントしていたのが可笑しかった。



スポンサーサイト