毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年08月21日 (月) | 編集 |
おとといの夜、情報番組の見出しに”ハンカチ佑ちゃん”とあって、何だろう?・・・と、TVの画面を見たら、ハンカチで汗を拭くピッチャーの姿が・・・。

驚いた・・・。

愛媛出身の私は、幼い頃から、夏には甲子園(高校野球)を観るのが当たり前の世界で育ってきた。
自分が高校の頃には、応援団に入っていたから、野球部の地方予選の応援にも行ったし、浪商の牛島投手のファンになったりして、間近に、または、TVの画面で、結構の数の試合を観て来たが・・・ハンカチで汗を拭くピッチャーは、初めて見た。
それも、タオル地のミニハンカチ(だろう)を、4分の1にきちんと折りたたんだ状態で拭いている。

何か、とっても不思議なものを見ている気持ちになった。マウンド上で(ハンカチで)汗を拭いても、別にいけないことではないのだろうけど、高校球児は、流れる汗はユニフォームで拭う・・・そんなイメージが出来ていたんだろう。

驚いたけど、何とも言えない仕草が、新鮮で母性本能をくすぐるのだろうか・・・。今朝のワイドショーでは、”ハンカチ王子”とまで言われていた。まぁ、彼(斉藤佑樹投手)の高校(早実)が決勝まで勝ち残っていたのと、彼自身が良いピッチャーだからだろうけど。

昨日の決勝15回引き分けの後、本日再試合で4連投して、13奪三振・3失点完投勝利。
ハンカチで汗を拭いている姿はかわいく見えるが、しっかり芯は強いのだろう。初優勝おめでとう!
良い試合は、片方だけでは成り立たない。
3年連続優勝を逃した駒大苫小牧高校も素晴らしいチームでした。



スポンサーサイト
2006年08月18日 (金) | 編集 |
お休みの日にちょっとだけ(?)お部屋の整理をしていたら、昔(もう15~6年くらい経つだろうか)に好きだった俳優さんの映画パンフが出てきた。

198_120060818.jpg



[READ MORE...]
2006年08月15日 (火) | 編集 |
昨日の朝、8時過ぎ。妹からの電話で目を覚ます。

妹「姉ちゃん、停電大丈夫?東京が大停電だってTVでやってるんだけど。」
私「はぁ?停電?何それ。(怒)」
(6時頃、暑くて目が覚めて冷房を付けて2度寝していたところを起こされた為、思いっきり不機嫌だった。ごめん妹よ。)

冷房が動いている事を確認して、
私「うちは関係ないみたいだよ。電気点いてるし。(怒)」
妹「そう。良かった。今起きたの?」
私「今日は、お休みなの!15日まで夏休み!(怒)」
妹「起こして、ごめんね。」
心配で電話くれたのに、謝らせてしまった。重ねてごめん。妹よ。

目が覚めて、TVを観てビックリ。大変な事になっていたらしい。
(朝7時40分頃、クレーンが送電線に接触したのが原因だとか)この真夏の30度の日に、電気が止まる・・・考えただけで恐ろしい。

うちの方は、大丈夫だったから、人事のつもりでいたが、後で聞いた話だと、小田急線沿線の何駅か先の所では、電気止まったらしい。
それよりも、うちのアパートから、自転車で10分も離れていない場所のサミットでも(電気が)止まったと聞いて、ゾ~っとした。

ちょうど、夏休みで、東京を離れている人も多かっただろうけど、田舎に帰ったり、旅行に行っていた人達、ビデオやHDDの予約・・・。
10分から30分くらいで復興したところは、まだ良かったと思うけど。”午前9時半に渋谷区の一部を除いて復旧”と言っていた。ってことは、一部のところは、9時半にまだ復旧していなかったってことで・・・。
この暑さ・・・冷蔵庫の中身、大丈夫かなぁ?

でも、命に係わる事故が無かったのは、不幸中の幸いだったけど。



2006年08月12日 (土) | 編集 |
パイレーツオブカリビアン(言えるようになった~)を観に行く。

新百合のワーナースタジオで、座席指定で観る。
専務と2人、込み合っているところで、並んで待つことが辛い年齢(?)になってきたもので・・・。思ったより空いていて、快適な映画鑑賞だった。やっぱり、映画館で観るのは、いいねぇ。

前回のパート1で、ジャック・スパロウ船長(ジョニーデップ)とウィル(オーランド・ブルーム)、エリザベス(キーラ・ナイトレイ)の出会いが描かれていたが、今回はその3年後のお話。

そして、終わってみたら、パート3に続くんじゃないの?って思わせるお話。でも、続編とか関係なく、ハラハラ・ドキドキさせられて、充分面白い。私、最初から最後まで、口開いたままだったし。悪役タコ人間・デイヴィ・ジョーンズを始めとする、幽霊船乗り組員たちの気持ち悪さと言ったら・・・。

自分が助かる為に、ウィルとエリザベスを騙して、2人を巻き込むジャック。騙されたと分かっても、なぜか憎めないジャック船長。ジョニーデップならではだろう。
昔、『シザーハンズ』を観て上手いとは思ったけど、その時は、歌手ジョニーデップが映画に出演という事で騒がれていて、こんなに俳優としてメジャーになるとは、思わなかった。それに、メイクで顔も分からなかったし・・・。

ジャックに騙されて、大変な目に遭わせられたり、(今回のアクション部分を一手に引き受けている??)恋人のエリザベスの微妙な心の変化に気付いてしまったり・・・ほんとかわいそうなウィル。
オーランド・ブルームのファンという訳ではないけど、ジャック~いい加減にしてよ!!と叫びたくなった。

なんせ、ウィルが父親と再会した時の悲しい表情は、胸にくる。(この時の、ウィルの表情に、ふと、吉岡君の顔が浮かんでしまったから余計にせつなかったのかしら・・・。私の吉岡病は、悪化の一途を辿っているようで・・・。)
ただ、いい男がボロボロになった姿は、女心をくすぐるのではないだろうか。パート1より精悍さが増して、ますます、かっこよくなった気がする。

私は、(ジャックよりも)ウィルに1票。

ウィルとジャックの間で、揺れるエリザベス。ただ、いいところのお嬢様っていうだけじゃなく、アクションもこなす。手足が長くて、結構、様になっている。婚約者ウィルを追って、男に変装して旅に出るような強い女性。この女優さん(キーラ・ナイトレイ)を見ていると、若い頃のジュリアロバーツを思い出す。

この3人の主役に、厭きさせないストーリー・アクションシーン。
あっと言う間の151分だった。


2006年08月11日 (金) | 編集 |
お店にいらした専務に、朝見えたお客様の話をしようと「専務、朝、みえたお客さんでね~」と話掛けると「それが・・・どうしたの?」・・と専務。

(私)「だから、はなやさんの時からいらしてたお客様でね」
(専務)「それが・・・どうしたの?」・・・ちょっと(専務の反応が)おかしいなとは、思ったのだけれど、自分の話をしようと躍起になっているから、

私「だから、はなやさんの時の客様が今いらしたんですけどね・・・」
専務「それが・・どうしたの?」

3回続くと、流石にオカシイ???

専務を見ると、嬉しそうに「ちょっと、伊藤美咲のマネしてみたの。」

(私)「はぁ??」何を仰ってるんだろうと思ったら、
専務「伊藤美咲。”それが・・・どうしたの?”」
・・・どうやら、伊藤美咲のセリフをマネしていらっしゃるらしい。

私「専務”サプリ”(ドラマ)観ていらっしゃるんですか?(亀梨君に話す時のセリフかと思って)」と聞くと
専務「ううん。CMで言ってたじゃない。”それが・・・どうしたの?”って」

・・・確かに、伊藤美咲と父親役の男優さん(名前が浮かばないけれど、)とのやりとりのCMがあったっけ。

でも、伊藤美咲のセリフまでは覚えていない。話を折られたのと、訳の分からないマネでちょっとキレた私。「いい加減にしてください。言葉をそのまま言ってもマネにはなりませんよ(怒)」

専務「そうかな?」
私「そうですよ。それに、そんなしょっちゅう使う言葉のモノマネされてもマネかどうか分かりません!(激怒)」

まったく・・・専務、たまに(?)お茶目になられるからなぁ。

そう言えば、以前、専務があのCMの話をされていたのを思い出した。専務、伊東美咲のファン???あのCMとっくに新バァージョンに変わっているでしょ?

後で、肝心の(私の話したかった)話をしても、本当に”それが、どうしたの?”って話で・・・。

なんだかなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。