FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2006年09月02日 (土) | 編集 |
今日は、いつも御世話になっている問屋さんの関係の見本市。
いつものように専務にお付き合い頂く。

その帰り、電車の中、ウトウトしていると、左隣りからカップルらしき会話が聞こえてきた。
言葉ははっきり覚えていないが、どちらか一方が1人だけで、何か食べ物を食べたことで、もめているらしい。

夢うつつに”食べ物の恨みは恐ろしいからな~”なんて思っていたら、突然(?)隣りから、しりとりが聞こえてきた。言い合いをしていたカップルが、何でか、しりとりを始めたようだ。

???何でしりとりなんだ????不思議に思っていたら、
女「・・・ス」
男「スニーカー」
女「カラス」
えっ?ちょっと違うんでないかい?
「カー」の後、「カ」は、無いんじゃない?と思ったけど、彼の方は何も言わないで、しりとりは続いている。

思わず、目を開けてカップルに目をやる。2人とも、ちょっとポチャッとしたカップル。さっきの食べ物の話を思い出して苦笑。

ちょうど、乗り換えの新宿駅。向かいに座っていらした専務と電車を降りる。

小田急線で専務と隣り同士に座ると、思い出されたように、「さっき、寝てた時、何を怒ってたの?眉間にしわよせて・・・。」と専務。

私「えっ。何も怒ってないですよ。寝てただけですよ。目をつむっているだけで何で眉間にしわが寄るんですか?」
専務「でも、凄い、眉間に力入ってたよ。何をそんなに恐い顔して寝てるんだろうなって思ってね。」
私「???・・」

ふと、さっきのカップルの顔が浮かぶ。もしかしたら、さっきのカップルの(訳の分からない)会話を聞きながら、無意識に反応してしまったのだろうか?

私「そんなに恐い顔してました?」
専務「うん。」

それは・・・ちょっと恥ずかしかったな。笑いながら眠っているのも恥ずかしいが、怒りながら眠っているのも・・・結構恥ずかしい。気をつけないと・・・。


スポンサーサイト