FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2006年09月07日 (木) | 編集 |
その1。
朝、駅で切符を買う時、

「パイロットが先ですよね。どこまで買うんでしたっけ?」
展示会のチケットは、専務に預けてある(忘れないように。今回、私は自分の名刺を忘れた・・・)
専務「なに、チケット、場所も確認しないで、こっち(専務)に渡したの?京橋だよ(ちょっと怒り気味)」


電車(小田急線)の中で、

専務「何番出口から出るって書いてある?」私にパイロットのチケット見せて確認。
「京橋駅6番出口になってます。」

代々木上原で千代田線に乗り換えて、表参道で銀座線に乗り換え。

2つ乗り換えて、私の頭はリセットされてしまったらしい!?

銀座線に乗り込んでシートに座って開口一番
「どこで降りるんでしたっけ?」
専務「何言ってるの。京橋って言ったでしょ。さっきも確認したじゃない(怒)」

そうだった~。



[READ MORE...]
スポンサーサイト



2006年09月07日 (木) | 編集 |
昨日、パイロットと三菱鉛筆の展示会に行く。
内容は後日、新製品情報・Taniy情報でアップさせて頂くとして・・・。

三菱鉛筆が120周年記念のイベントとして、代々のシャープ芯プレゼントキャラやCMの展示をしていて、その中に、懐かしい(?)女優さんの顔があった。

松本伊代は分かる。
その隣り、(伊代ちゃんの翌年?)笑顔で写っている女優さん・・・”誰だっけ?”

1度そう思うと、気になって気になって・・・。担当営業さんは(20代の男性)知ってるはずはなし。

私「この女優さん・・・あのドラマに出ていたのよね。え~っと、確か里中真知子の漫画のドラマ化だったんだ~。あの・・・。一緒に出ていた男優さんは、昼ドラマで人気出ていてね、あの、薬のCM出てるの。あの薬の・・・。知らないよね~(知るわけない・・・)」

思い出そうとすると、次から次へ”あれ””あの”の連発。
営業さん「思い出せないものですよね」私の訳分からない発言にも笑顔で対応してくれてる。優しい(笑)。

結局、思い出せなくて、帰ってネットで調べる。

佐倉しおりだった。里中真知子の「アリエスの乙女たち」のドラマ化だった。
主演は南野陽子。共演松村雄基。薬のCMに出てるのは”石橋 保”。
いや~。南野陽子と松村雄基の記憶は無かったなぁ。
佐倉しおりと石橋 保の顔はしっかり覚えていたのに。

あ~すっきりした。


2006年09月07日 (木) | 編集 |
9日(土)に放映予定の吉岡君主演のドラマ。

朔立木の同名小説のドラマ化。
実際に法曹界に身を置く作者に寄って書かれた冤罪事件。前科のある人間が、その先入観によって、また、警察という組織に忠実な刑事や鑑定士達の手に寄って、意識的・無意識的に冤罪にされてしまう話。
現実に、警察官の落ち度のニュースが多々あるのを見ていると、こういう事が実際にも起きているんだろうなと思ってしまう。



[READ MORE...]