毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月29日 (日) | 編集 |
久し振りに日テレの「所さんの目がテン」を観た。

栗特集・・・。とても恥ずかしいのだが、今朝初めて、”中国栗”と”和栗”があることを知った。もちろん、”天津甘栗”は知っている・・・けど。

愛媛の実家には、栗の木があって、秋になるとよく家族で栗拾いに行ったものだ。
だけど、とにかく、イガイガが痛い。
イガイガが嫌で、イガイガが開いたものを手に取ると、中から虫が出てきて・・・”悲鳴”。

だから、という訳ではないが、私は栗が嫌いだった。
”栗ごはん”もできれば、避けて通りたいくらいだった。なので、東京に出てきて、サークルの友人が”天津甘栗”を食べているのを見て、「何で、わざわざ買ってまで食べるのだろう。」とか、「何でこんなものが、売り物になってるのだろう?(天津甘栗好きな人ごめんなさい)」とか、思ったものだ。

だから、中国栗だとか、和栗だとか関心が無かったと言う方が正しい。

今朝の番組で初めて、”和栗”は渋皮を身から剥がすのが大変で、中国栗は簡単に剥がせるという事を知った。
簡単に剥がせても、風味からすると、どうしても”和栗”に軍配が上がる。
有名な日本料理店では、”和栗”しか使わない。なので、この時期は、料理人見習いの一番下の人は、大変なのだ。”なだ万”の青年は、毎朝、2~3時間かけて渋皮をむいているのだという。

それが、最近、新種で”ぽろたん”という、むきやすい”和栗”が発売されたらしいのだ。
それで、この3種で栗むき競争をしたところ、一番時間が掛かるのが、”和栗”の3分20秒。
ついで、”中国栗”の10秒18。
そして、”ぽろたん”の3秒22。

凄い!!”和栗”の味にこのむきやすさがプラスされたら、もう、怖いものは無い。

ただ、この”ぽろたん”改良されたばかりで、市場に出回るのは、まだ5年以上先の話なのだとか。”
なだ万”の青年の調理場での出世が先か、”ぽろたん”が先か?



スポンサーサイト
2006年10月27日 (金) | 編集 |
朝、先日の日記で書いた、”海洋冒険家・石康次郎氏”の特集をTVでやっていた。
単独世界一周ヨットレース”5OCEAN(ファイブオーシャン)”が始まったらしい。




[READ MORE...]
2006年10月25日 (水) | 編集 |
先週のワイドショーで特集していた箱根駅伝の予選会の模様。

たまたまチャンネルを合わせたら、ちょうど9位と10位の発表の場面。
選手達の真剣な表情の中、9位の発表。国士舘大だ。
その場で泣き崩れる拓殖大の選手達。

そこで初めて、9位までが箱根駅伝に出場できるのだという事を理解した。続いて大きなどよめきが起こる。9位の国士舘大と10位の拓殖大の差が1秒だったらしい!

でも、でも、何かおかしくないだろうか?普通、走り幅飛びみたいな、後で結果が出る種目ならいざ知らず、駅伝なら、順位は到着順で分かるだろうに、何で、順位の発表があるのだろう?(私、箱根駅伝に予選会なるものがあったという事も最近知った。)

ここで、番組のレポーターの説明が入る。
箱根駅伝に出場できるのは、19校。そのうち10校はシード校としてもう決まっている。
その日の予選会では、9位までの大学が出場できるらしい。

しかし、ここが大事。
予選会で6位までは、そのまま箱根駅伝へ出場OK。
しかし、7位以下に関しては、この予選会の前に行われたインカレ(学生選手権大会)での全ての陸上競技の成績がポイントされて、順位に反映されるのだとか。(どんな風にポイントされるのかまでは、説明はなかったけれど、ポイントが秒数として加算されていたようだ。)

それで、順位の発表となるわけなのね。納得。でも、なぜ?7位以下だけに・・・?その日の予選会の成績は拓殖大は7位だったらしい。それで、インカレの他の競技の成績がポイントされて10位。それも、9位の国士舘とは1秒差・・・。

何か、不合理な気がする。
インカレの成績を反映させるなら、全ての大学に反映させるべきじゃないのかな?何で、7位からなのだろう?
箱根駅伝に出場するために1年頑張ってきたのに、他の競技の結果に寄って、実際の成績の7位から10位になり、あげくに1秒違いで出場できないなんて・・・。

この1秒って、60cm(歩幅1~1,5歩くらい)なのだそうだ。
選手の誰もが、自分のあと一歩分を後悔したのじゃないだろうか。その場に崩れ落ちて、泣いている選手達を見て、朝からもらい泣き。

拓殖大、去年も予選落ちで、今年のリベンジを目標に頑張ってきたのに、リベンジならず・・・だったようだ。

泣いている選手達には、かわいそうだったけど、こういう風に、何かを一生懸命やって、そして泣けるっていうのは、幸せなことだよね。先日の高校球児達もそうだったけど、夢中になれるものがあるってことは、本当に幸せなことだと思う。

来年は、必ずリベンジできるよう祈ってますよ。頑張ってね。



2006年10月23日 (月) | 編集 |
昨日、商店街のイベントで、ハローインのお菓子ゲット袋を持った子供達に、各お店でお菓子を配った。
商店街からお菓子を配る人用のカチューシャをもらったが、頭に付ける勇気(?)が無い・・・。

227_12006102301.jpg

もともと、こういう仮装が大の苦手な性分で。
「専務付けられます?」専務の頭に乗せる。かわいい。でも・・・ムッとされてる・・・ごめんなさい。
自分の嫌なことを他人にしてはいけませんねぇ。反省。

結局、子供さんが多く集まるお店に持って行って、誰かに使ってもらうことにした。

お店でのお菓子配布。
商店街で用意した袋が限定300枚しか無くて、袋買えない子供さんが多くて、ごめんなさい。
初めてのイベントで、前もって予想した数をはるかに超える希望者だったので・・・。

でも、仮装した子供達、ほんとにかわいかった~
魔女・シンデレラ姫・白雪姫・犬(?)・・・気合の入った仮装だったり、ワンポイントの仮装だったり、お菓子配る方もとても楽しかった。中に、お医者さんと看護婦さんの仮装のご兄妹(?)がいて、つい、「コトー先生と彩佳さん?」と言ってしまった。お母さん、「初めて言われました」ですって。

子供達が、恥ずかしそうに「トリック・オア・トリート(Trick or treat/お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と口にするのだけれど、みんな言えてないし(笑)。
お父さんやお母さんの方が(子供達の代わりに)言ったり、おしゃべり始めたような小さな子供さんは「トリッ・・・」で止まっちゃったり、もう、たまりませんね。抱きしめたくなりました。

お菓子配りながら写真を撮るのは、無理だったので、お菓子配布の後の仮装パレードの時に撮ろうとしたら・・・パレードのスピードが速い、速い。

結局、先頭の”ジャック・オー・ランタン(おばけかぼちゃ)”の後ろ姿のみ。
後は、どれも画像がピンボケでした(涙)。


227_22006102302.jpg


2006年10月22日 (日) | 編集 |
「吉岡がいるから俺達こうしてあつまれるんだ」という思いがスタッフ・キャスト全員にある・・・と、吉岡君との対談で、中江監督が仰っていた。

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。