FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2006年12月26日 (火) | 編集 |
一昨日、有馬記念の関連のスポーツニュースを見ていたら、子馬の時からディープの世話をしていたという男性がインタビューを受けていた。

(ディープは)小柄だったため、落札の時の評価は低かったそうだ。ただ、バネの力と体の柔らかさはずば抜けていたとか。

どれくらい(体が)柔らかいかというと・・・、猫や犬のように後ろ足で耳を掻くことができるとか・・・。

ウン?足で耳を掻く?う、うまが?一瞬聞き間違いかと思ったけど、馬が後ろ足で耳を掻いている絵が画面に出て・・・ホントだ~(笑)

犬や猫は、爪があるけど馬の場合は蹄でしょ?あれで掻けるのかいな?中途半端に掻いても痒みが増すだけじゃないかな?なんて・・・余計なお世話ですね。
(後ろ足で耳が掻ける馬は他にも”シンザン”や”ミスターシービー”などがいたらしい)

もう1つ驚いたのは、自分の理想体重を知っているのか、レースが近づくと飼い葉の食べる量を自分で調整することもあったという・・・凄い馬だわ・・。

後ろ足で耳を掻いている馬・・・1度見てみたい。



スポンサーサイト