毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月31日 (木) | 編集 |
以前、専務医院に入院していた、カポックと楓(かえで)。

カポックの方は順調に大きくなってきて、もう大丈夫(?)っていうくらいたくましくなってきた。でも、楓の方は・・・。

冬なので枯れ木になったのだと思っていたのだが、春が来ても芽を出す気配が無い。

それで、10日ほど前に、専務医院へ再入院。その時、専務の育てていらした楓(私のより3倍ほど大きい)を代わりに預かった。

これくらい大きくなっていたら、大丈夫だろうと。私も気軽に受け取ったのだが・・・。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
2007年05月25日 (金) | 編集 |
先日、近くのコンビニに行く途中、乗用車がマンションに車を停めようとして、進入禁止(?)の棒(写真)にぶつかりそうになっていた。
299_12007052501.jpg


思わず「うわ~危ない!!」と声が出る、と同時に、鉄(だと思った)棒が、タイヤの下敷きに・・・。

あらら。あんなに曲がっちゃって。どうするんだろ。心配した瞬間、車が前に出て、棒も元通り。

なんだぁ。あの棒、軟らかいんだ。心配して損した・・・と思った途端、「ちょっと!危ないよ!!」後ろから男の人の怒りの声が・・・。

振り向くと、私が立っていた所が、ちょうど建替え工事の入り口(写真)で、木材を運び出そうとする工事の人が、ムッとして立っていた。

299_22007052502.jpg

「あっ。すみません。」思わず、避けて、何か腑に落ちない。
他人(ひと)の心配してて、自分が叱られてしまった(涙)

考えてみれば、鉄の棒があんなに簡単にタイヤの下敷きになるハズは無くて。でも、一応後で、棒を触って硬さをチェックする。

軟質プラスチックだった。倒しても戻るように、付け根のところが別付けになっている。確認の為、前・後ろ・右・左と(棒を)動かしてみる。

動かしながら、こんなに軟らかくて意味があるのだろうか?と、ふと思った。



2007年05月16日 (水) | 編集 |
朝、アパートを出ようとして、お店のお客様(50代??の女性)が通り掛かられた。

「お散歩ですか?」と声を掛けて、内心チクリとする。
ここ2ヶ月近くお散歩休んでいる自分の心の罪悪感だろうか。お客様が私の散歩をご存知だったからかも。
当然、「そちらこそ、お散歩は?」と突っ込まれると思ったら、想像もしない答えが返ってきた。

お客様「”なんじゃもんじゃ”の花をね。見にきたのよ。」
「”なんじゃもんじゃ”?」聞き返す。

お客様「前にテレビでやっててね。珍しい花だと思ってたらさ、この近くに咲いてたのよ。向こうの角曲がったうちに1つと、この先に行った所の植木鉢に植えてあるのが1つ。ちょうど咲いてる時期かと思って出てきたらさ、もう、少し遅かったのよね。・・・(中略)・・・白くて、雪が積もったように見える花なのよ。ほんとの名前は、別にあるんだけど、見た人が、”なんじゃこりゃ”って思ったから、”なんじゃもんじゃ”の木って言うんだって。」

私に言わせれば、名前が、”なんじゃそりゃ”なんだけど・・・。木って言われなければ、もんじゃ焼の種類かと思うわ。

それでも、雪が降ったみたいな花なんて、見てみたい。
今朝は時間が無かったから、明日出勤前に回り道してみようかな。それとも、明日の朝、お散歩行ってみようか。お散歩の通り道みたいだし。

雪のような・・・って言うと、大好きな、ハナミズキの白い方の花が浮かぶんだけど、ハナミズキより綺麗かな。


ネットで調べてみた。モクセイ科らしい。
”ヒトツバタゴ”??知らない。満開だったら、綺麗かも。

  なんじゃもんじゃの木 その1

  なんじゃもんじゃの木 その2   
   

午後、専務に話すと、興味を覚えられたらしく、「ちょっと見て来る」と、出て行かれた。

5分も経たなかっただろうか・・・
「あったよ~谷泉さんも見てくるといいよ。花が小さいの!!」
ご自分の乗っていらした自転車のサドルを下げて、勧めて下さる。

見て来た・・・。もう、3分の2以上散っていた(涙)。

それに、この花、知ってたわ!!前を通るとき、香りの強さにクラクラした花だった。
確かに、その時、何の花だろうと思ったっけ。これが”なんじゃもんじゃ”の花だったんだ。

でも、HPの写真、拡大してあるのだろうか?何か、花びら(?)が、細いんだけど!!目で見た限りでは、HPの写真みたいにプロペラ型が確認できないけど、この花でいいんだろうか・・・?

デジカメ、持って行けば良かった。

   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。