FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2007年06月19日 (火) | 編集 |
朝のお散歩の帰りに、度々お店に寄ってくれるオールドイングリッシュの”アンディ”。

大きくて(今、体重46kgだとか)、ふさふさしてて、かわいくて、大好きなワンちゃん。
お店に寄ってくれるのを、私も心待ちにしているのだ。

大きな首に抱きつくと、とても幸せな気持ちになる。但し、人の顔をナメるの大好きなアンディの”ナメ攻撃”をかわしながら首に抱きつくので、(攻撃を)かわしそびれると、大きなベロが顔に・・・。それでも、首に抱きつきたいのだから、仕方ない。

いつだったか、お散歩の帰りだからノドが乾いているだろうと、お店にあった入れ物(直径10cmくらいのカップ)にお水を入れて、アンディの前に置いたら・・・カップが小さすぎて、(カップが)ひっくり返ってしまい、とてもかわいそうな事をしてしまった。

お詫びに、アンディ用のお水入れ(直径20cm)を買ってきたら、嬉しそうに飲んでくれる。それでも、少し小さかったかな?飲んでいるところを写真に撮ったら、トレーが見えない(笑)

312_12007061803.jpg
アンディのトレー・たばこは大きさの参考に。

312_22007061804.jpg
お水を飲んでるアンディ。頭しか見えない?!

アンディのママの話では、最近、少し太ったのだとか。
一週間後に注射をするのだけど、体重で、注射の本数が決まっているので、今のままだと、注射2本になってしまうとか。

「あと、700gなんだけど」とママさん。
うふふ。アンディ、当日は絶食する?


2007年06月17日 (日) | 編集 |
商店街を歩いていたら、あるマンションの角に(高さ30cmくらいの)白い袋(どこかのスーパーなどのレジ袋)が2つ。中には土が入っていて、メモが付いていた。

『土は自然に返して下さいとのことです』

マンションのどこかのうちの人が、ゴミ集荷の日に出していた土が集荷されないで置いていかれたようだ。

”自然に返す”って・・・どうするんだろう?
うちの田舎の方なら、いらなくなった土を持っていく空き地でもあるだろうけれど、この近辺で、土を持っていけるような場所があるだろうか?

街路樹の植え込みの中なんて、入れられないだろうし。公園だって、きれいに手入れされているから、余計な土なんて持っていったら、叱られるだろうし。
近くの菜園や畑で引き取ってはもらえないのだろうか?でも、土って、土なら何でも畑に入れればよいという訳では、ない・・・という事を聞いた気がする。

2~3時間後に前を通ったら袋が無くなっていたので、出した人が持ち帰られたのだろうけれど、結構な量の土だったし、持ち帰った土・・・どうするのだろう?

他人の事だけど、気になる。植木鉢に入っている土だって、植木が枯れたら捨てたいと思う人だっているだろうし。土を買う時代に、必要が無くなった土の持って行き場が無いというのも、何だかなぁ。



2007年06月16日 (土) | 編集 |
昨日の日記を読んで下さったお友達に、「履けなかったサンダルってどんなサンダル?」と聞かれました。

すみません・・・写真をアップするつもりで、忘れていました。

311_22007061802.jpg
履いたところ。

311_12007061801.jpg
足首にベルトで巻いたようになるサンダルです。

右足の写真の輪になっているところに足を入れるのだけれど、しばらく履いていなかったので、輪っかの形がくずれてしまっていて、写真の左足の状態になっていた為、どうやって輪っかを作ったのか思い出せませんでした。
クネクネ輪っかを作っているうちに、右足の輪っかが出来たのはいいけれど、輪っかが小さ過ぎて、足の半分までしか入らず、”何で踵(かかと)が入らないの~”・・・焦ると余計に頭が真っ白になってしまい、パニック状態です。

他の靴に変えれば良かったものを・・・。(後の祭りでした)



2007年06月16日 (土) | 編集 |
朝、10時頃に荻窪の美容院へ行くつもりが・・・。

1つ目の難。
 9時20分頃、家を出ようとして、サンダルの履き方が思い出せず、悪戦苦闘。汗だくになって、やっと履ける。(9時30分になる・・・涙)

2つ目の難。
 駅で切符を購入しようとして、お財布を忘れた事に気づき、家まで引き返す。(携帯から美容院へ、遅れる旨の連絡入れる。)9時50分になる。結局、10時40分頃、美容院着。

3つ目の難。
 1時半頃、美容院終わる。出先にいらっしゃる専務に連絡しようとして、携帯が無いことに気づく。
朝、お財布忘れて家に帰った時に、携帯使った後、バッグに入れるのを忘れた・・らしい。

公衆電話を探して、専務の携帯に電話。 (お店から専務に連絡入れる場合は携帯が多いのに、番号は覚えていないもので) 2~3個の思い浮かぶ番号に掛けてみたけど、違った・・・。

仕方なく、駅の売店でメモ帳とペンを買って、ご自宅にTEL。 (どうかお嬢さんが、外出されてませんように・・)

「はい。」電話の応答があった時には、”助かった!!”笑いながら、専務の携帯番号を教えて下さったお嬢さんにお礼を言って、専務に、今、荻窪で、これから新宿に向かう旨を連絡。(1時40分)

2時半頃、京王デパートの前で専務と合流。
想像していた方向と逆方向からやって来た私を見て、
専務「どうして、そっちから来るの?さては、迷ったな?・・・荻窪から来るのに、4~50分も掛かってるし・・・。どうして、西口の出口に出ればいいだけなのに迷うかな。」
 
 (仕方ないじゃないですか。私は、専務みたいに最短距離を選べないし、どうしてか、遠回りになってしまうんだから・・・。)

4つ目の難。
 新宿で食事して、4時頃、目的の病院へ。
 受付で、営業さんの名前(○□ ▽△)を記入して、「あの~少し違っているかもしれませんが・・・」とコメントすると、301号室です。と教えて下さる。なんだ!!合ってたじゃない!

 301号室の前に行くと、(○□ ▼△)・・・一文字違う!!おまけに、(○□ ▼△)さんは、病室にいらっしゃらない。(○□ ▼△)さんが、間違いなく、メーカーの営業さんだと限らないから、伝言残して帰る訳にもいかず、しばらくロビーで待つ事に。

「申し訳ありません・・・。」専務に謝ると、「(○□ ▼△)さんが、○□君じゃなかったら、面白いな。」と笑っていらっしゃる。もう、半分諦めの専務。


しばらく待っていたけど、(○□ ▼△)さんらしき姿は見えず。
  
と、入り口から、救急の患者さん(手を何かで切って、血が止まらないらしい)が、入っていらしたのを見たら、クラ~となりそうになる。血はダメだ。

現れないなら、探しに行こうと、院内の案内板で患者さん達が行きそうなフロアをチェック。階段を上ろうとして、下りていらした患者さんとそのご家族とすれ違う。

 と、専務が「○□君じゃない?」

営業さん・・・私と専務をご覧になって、びっくりまなこ。そりゃそうだ。驚かせてごめんなさい。

盲腸、結構大変な手術だったらしい。痛みを我慢して、本人が歩いて病院にいらしたそうなのだけど、もう少し(病院へ行くのが)遅かったら、危なかったとか。

うちの姉も中学の時、痛みを我慢しすぎて腹膜炎を起こしてしまい、もう少しで死ぬところだったので、盲腸と聞くと、他人事には思えない。

○□さん、かわいい奥さんや子供さん達のためにも、無理なさらないで、ゆっくり身体を治して下さいね。会社の展示会でも、担当されてる販売店さん達からの指名が引っ切り無しの営業さんだから、気持ちは急くでしょうけど。

 ご家族にご挨拶して、お見舞い渡して帰路に着く。

帰りの電車で、専務の一言。
「多難な一日だったねえ。自分の起こした難だったけどね。」

そうそう、美容院で福引もらって、3回引いた。3回ともティシュ(涙)。



2007年06月15日 (金) | 編集 |
明日の土曜日はお休み。
2~3ヶ月に一度の美容院(荻窪)に行った帰りに、新宿のデパートでお得意先へのお中元買って帰ろうか、どうしようか。

元来、出不精で人ごみの苦手な私としては、あのデパートのバーゲンやお中元・お歳暮の大売出し時の混雑を思い浮かべるだけで気が重くなる。

[READ MORE...]