毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年08月29日 (水) | 編集 |
数日前のこと。

柔道着姿の大学生くらいの男の子が2人、サインペンを買いに来店。
日大の柔道部の男の子かと思って顔を見たら、???どこかで見た気がする??

柔道着に書いてある名前(明石・北花田)を見て、その名前に見覚えが・・・。

「あの~もしかして”イケメンパラダイス”に出ていらっしゃいます?」
2人笑顔で「はい!!」・・・か、かわいい!!

ふっと、「もしかして、その撮影の衣装(柔道着姿)のまま、歩いていらしたんですか?」
2人「はい。」

あまりに格好がハマっていて、そのまま日大の柔道部に入って行っても、何の違和感も無い。

「プッ」思わず、吹き出してしまったが、明石君(?)「そんなに笑わないで下さい。」と、少し拗ねた感じがまたかわいい。

近くの撮影所から、番組のスタッフの方が事務用品を買いに見えることもあるから、番組で使う備品を買いにいらしたのかと思ったら、寮長(第1寮・天王寺)さんのお誕生日のプレゼントに記入するペンを買いにいらしたのだとか。

本当に、皆、仲がいいんですね。
撮影もあと少しでしょうけど、頑張って下さい。

爽やかで、明るくて、とっても良い子達でした。
柔道着を着ていて、どうしてあんなに爽やかなんでしょう(笑)流石、イケメンですね。

後で、「花ざかりの・・・」のHPをチェックしたら、2人は、空手部らしい。柔道着と空手着って、違うのだろうか?ドラマの中で第1寮生達が着ているのは、みんな同じに見えるけど。



スポンサーサイト
2007年08月25日 (土) | 編集 |
先月受けた、胃ガンと大腸ガンの検診結果。


胃ガンの結果は1週間くらいで届いた。
327_12007082501.jpg


異常なしの結果を専務に知らせると、

専務「そんなの(異常無し)分かってたよ。」
「何でですか?」
専務「谷泉さんに胃ガンは、ありえないもの。」
「は?何でありえないんです?」
専務「”まっ、いいか”の谷泉さんに、胃ガンは絶対に・・・ないからね。」

くっ・・・悔しいけど、言い返せない(涙)せめて、”楽天的”とか、”ポジィテブ”とか、言って欲しいよなぁ・・・。

この日、たまたま来店していらした問屋の営業さんまで、「(私に胃ガンは無いという専務の言葉に)そりゃそうだ」と相槌を打ってらしたのも、何だかな・・・。

胃ガンの方は、1週間くらいで届いたのに、大腸ガンの方の結果が届かない。

そのうち届くだろうと思っていたけど、8月になってしまった。
専務から、「保健センターに連絡してみたら?」と言われて、そうだったと、電話したら、結果を再発行してくれた。

昨日、結果のハガキが届く。

327_22007082502.jpg

やっぱり異常無し!!良かった~。
来年も検診受けよう!!



2007年08月22日 (水) | 編集 |
専務、昔お勤めされていた時代の同僚の方達と、今日から一泊二日で伊豆旅行。

東京駅かどこかで集合かと思ったら、下田に現地集合ですって。
旅行は、みんなで行く過程も楽しむものじゃない?まあ、みなさんご年配の方ばかりだから、いいのか?

ところで、伊豆と聞くと、必ず「♪今日の泊まりはいで湯の宿か~」と口ずさんでしまう。
聞いていらした専務から「何だ?その歌?」と突っ込みが入る。
「専務はご存知無いでしょうね」と答えると、「谷泉さんが歌える歌っていったら、百恵ちゃんやその時代の歌でしょ!!」

・・・・悔しいけれど、その通りで・・・。

「百恵ちゃんの映画『伊豆の踊り子』の主題歌ですよ。」

1番から5番くらいまである歌詞なのだけど、いかんせん、聴いたのが昔すぎて。
映画は一度観ただけだし。まだ歌える事が凄いくらい。

歌っていて、何番の歌詞なのか、1番から5番までの歌詞がごっちゃになっていたり・・・。
定かでは無い。それでも適当に口ずさんでいる。何たって、この歌知っている人の方が少ないだろうし、歌詞が違っていたって、違うことが分かる人なんてまず、いないでしょう。

最後、下田を出ていく学生さん(友和さん)の乗った船を見送る踊り子(百恵ちゃん)の場面を思い出しながら「♪船は出ていく、下田の浜を、またの会う日はくるのやら~」と歌っていて、

ふと、「学生さん、下田から船に乗ってどこに行ったんでしたっけ?」下田って、電車で行くんだから陸続きでしょ?

専務「大島に行くんでしょ。でも、違うよ。船に乗っているのは、踊り子達だよ。次の巡業に行くんでしょ。」

「違いますよ。百恵ちゃんが、桟橋駆けながら手を振って(学生さんからもらったハンカチかタオル持ってたっけな?)ましたもの。友和さんは、船に乗ってました!!」

専務「原作読んでないな。」

「えっ。読みましたよ。私、卒論、川端康成で書いたんですから。」

・・・・いや、読んだ気がする、だけかも。
映画のパンフレットや紹介の記事であらすじを読んだだけだったかも・・・。
思い出そうとしても、百恵ちゃんの映画のシーンばかりで、川端康成の文章が出てこない。

映画では、間違いなく、船に乗っているのは、学生さんで、見送るのは踊り子だったんだけど。

原作、違ってたっけ?気になる~


  伊豆の踊り子
   ・・・川端康成の短編小説。
      一高生と旅芸人の踊り子との出会いと別れを通して、
      一高生の心の成長を描いた物語。
      
      田中絹代・美空ひばり・鰐淵晴子・吉永小百合
      内藤洋子・山口百恵 で6度の映画化。

      小林千登勢・栗田ひろみ
      小田茜(学生役 萩原聖人)
      早瀬美里(学生役 木村拓哉)
      後藤真希(学生役 小橋賢児)
          の5度TVドラマ化されている。
             




2007年08月04日 (土) | 編集 |
先日、作詞家・阿久悠氏が亡くなった。

ワイドショーで、氏の作詞した曲が流されていて、八代亜紀の『舟唄』が流れてきた時、”そうか『舟唄』って、阿久悠の作詞だったんだ。”と、感慨に浸る。



[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。