毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年01月27日 (火) | 編集 |
一昨日のこと。

ビスケットが入っていた(直径10センチくらいのバケツ型の)ケースを輪ゴム入れにして使っているのだけど、もう2年以上使っているから、そろそろ新しいのにしようかと、ビスケットを買ってきた。 (ただ、ビスケットが食べたかった・・・ということもあるけど)




[READ MORE...]
スポンサーサイト
2009年01月26日 (月) | 編集 |
先日、調味料が古かったことに気づいて、昔の出来事を思い出した。

もう、15年くらい前だろうか。
はなや文具店の頃、今でもそうだけれど、年末になると筆ペンを購入にみえるお客様が多くなる。

ある日、年配の男性のお客様が、ご自分で使っていらっしゃる筆ペンをご持参されて「これと同じものを・・・」と仰ったのだけれど、当時、その商品の在庫はしていなかった。
その旨を伝えると、「そんなはずはない。ついこの間、こちらのお店で、買ったばかりだ。」と、仰る。

確かに1度、その筆ペンをセットで仕入れたことがあったけれど、それは、(その時より)5~6年も前の話。
結局、納得行かれないお客様には、申し訳なかったのだけれど、お客様のご持参された筆ペンは1本でのお取り寄せもできない商品だったので、お断りするしかなかった。

お客様が、他のお店で購入されたのか、はなや文具店で5~6年前に購入された商品だったのかは、分からないけれど、何年も前のことを ”ついこの間” という感覚が、当時の(まだ若かった?)私には理解できなかった。

そこで、数日前のお話。
古い調味料(賞味期限2000年~2005年)を見て、 ”ついこの間” 買ってきて料理したと思った自分の姿と、あの年配のお客様の姿が重なった。

年に1度の”筆ペン”と、年に1~2度の私のお料理。ついこの間だと思ったら、何年も経っていた・・・。

遅ればせながら、今頃、お客様の ”ついこの間” を理解できた次第・・・。



2009年01月22日 (木) | 編集 |
先日、お部屋のお掃除(?)をして、古いカイロが出てきた。

いつ頃買ったものかは分からない。でも、包装のビニール袋が少し黄ばんでいるから、2~3年以上前か・・・??

専務に、使えるかどうか、試しに付けてきたという話をした。

「今日、この間出てきた古いカイロしているんですけど、ちゃんと温かくなってます。ちょっと、(カイロの中身が)粉々になってるけど。」

カイロって、古くても問題無いんだと言うと。しら~っとした言葉が返ってきた。

専務「古いものいっぱい持ってるね。」

「古いもの???」

???一瞬何のことか分からなかったけれど、思い出した。

この間の掃除の時、目薬を見つけたのだけど、いつ頃買ったものか思い出せず、流石に使えなくて捨てた・・・という話をしたっけ。

それと、2~3日前、1人鍋をしようと、野菜を買って帰ったら、調味料(みりん・だしの素・酢等)の使用期限が、2000年とか、2002年とかの日付だったので、その日は、お鍋を諦めた・・・という話もしたっけ。

悪かったですね。古いものばっかりで・・・。

そう言えば、去年(2008年)、みりんを入れた卵焼き作ったけど、その卵焼きに使ったみりんの使用期限が2005年だったのを、2~3日前に初めて気づいた。卵焼き・・・全然平気だった。”知らぬが仏”って、自分で言うのも悲しい・・・。



2009年01月21日 (水) | 編集 |
今年は、去年より寒い気がする。

寒さに我慢できなくて、先週、ホットカーペットを出した。
出した翌日、去年より今年の方が寒いという話をするつもりだったのに・・・。

「今年は、去年より寒いですよね。」
専務「何で?」
「去年は、ホットカーペット出さなくても平気だったんですけど、今年は我慢できなくて、昨日(14日)出しちゃいました。」
専務「ふうん。」
「(気の無い返事に)私が1年、年取った分、寒さが(身体に)堪えるってことは無いですよね?」
専務「あはは。そうかもよ。」

・・・専務には、今年が去年より寒いという意識は無いのか・・・。
去年より寒いことに念を押すのは、諦める。

「カーペット出したのはいいんですけど、(お部屋に)カーペットを敷く広さが無くて、カーペットの端がUの字型に持ち上がっているんですよね。」
専務「カーペットの大きさは?」
「買う時、1畳のにしようとしたんですけど。大きい方がいいって言われて、2畳にしたんです。」 (2畳を薦めて下さったのは、専務だったはず。)

専務「2畳?2畳のカーペットを敷く場所も無いの?」

「(ムッ)住んでると、色々物が増えるんですっ!」

専務「はぁ・・・・ (絶句されて言葉も出ない様子) 」

6畳に家具が入ると、2畳の余裕は、なかなか無いでしょう。
まぁ、うちは、6畳の他に、4畳半と4畳のキッチンがあるけど・・・。

専務に絶句されたのがショックで、この間のお休み(17日)に、お部屋の片付け。 (片付け・・・というより、カーペットの下敷になっていた物をどけただけ・・・という話も)

とりあえず、2畳のホットカーペットが、平らに敷けました。
良かった。良かった。



2009年01月11日 (日) | 編集 |
昨年、大晦日のこと。

その日は、ラジオも特別番組。いつもより、流れる曲も多かった。

夕方、6時半頃だったか、国境なき合唱団のライブが流れていて、ちょうど、「カントリーロード」(英語の原曲の方)が流れてきた。

「カントリーロード」は、私が歌える数少ない、ホントに少ない英語の曲の1つ。

つい、一緒に、ハミングしてしまった。

「♪カントリーロード、テイクミホーム。ツーザプレイ、アイビーロード~♪」
ラジオから流れる曲のキーが (私の歌えるキーの高さより) 高くて、金切り声になってしまう。

「♪ウエスバジニア~~マウンティンママ、カントリー・・・」

”ガタンッ!!” ・・・突然、パソコンに向かっていらした専務が、椅子から立ち上がられて、ビックリ。

「どうしたんですか?」何か具合でも???

専務「いや。何でもないよ。」

「???」

いつの間にか、「カントリーロード」の曲が終わって、秋川雅史の「千の風になって」になった。
この曲は、「♪せ~んのかぜになって~」の部分しか歌えない。残念!!

次に、また、国境なき合唱団のライブ曲で「赤とんぼ」になる。
これなら歌える。
「♪ゆうや~け、こやけ~のあかとんぼ~♪」
やっぱりキーが高くて、
「♪おわれ~て、みたの~は、いつの~ひ~か~」必死(?)で歌う。

と、 「やめてくれ!!」 と苦しそうに叫ばれる専務。

そして、「こんなにひどい(歌)のは、初めて聴いた。まったく、ひどいよ。ひどすぎる。」

ず~っと”ひどい”を繰り返して仰る。どっちが、ひどいんだか・・・。

私の歌聴いて、気分が悪くなったって、ことですか?失礼な(怒)!!

まぁ、確かに、自分でもちょっと・・・とは、思ったけれど、そこまで拒絶することは・・ないでしょ?

絶対音感のある人が、下手な歌を聴くと、気分が悪くなる・・・というのは、何かで、読んだことがあるけど・・・、失礼ですけど、専務の歌は私と競るくらいなんですからね。

「専務に言われたくないです。歌の上手い人に言われるのは、仕方ないですけど。」
専務「悪かったね(怒)」

そうなんですよね。私たち(?)自分の歌は、下手だけど、他人の歌っている歌の音程が正しいかどうかは、理解できるところが、哀しい・・・。

でも、この後、専務が本当に具合悪くなって(お腹痛くなって)、大変だった。どうやら、風邪っぽかったらしいのだけど・・・。

私の歌聴いたから・・・じゃないですよね???

後日、専務への脅し(?)に「カントリーロード、歌っちゃいますよ~」と、言ってしまった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。