毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月31日 (日) | 編集 |
昨日の夜、お店を閉める時のこと。

お店の前が広くなっているので、深夜の間にバイクや自転車を止められないように、カラーコーン(三角コーン) を角に置いて、プラスチックのリングで囲んでいる。

お店が開いている間は一ヶ所にまとめてあるコーンを角に配置しようと持ち上げたら、コーンの置いてあったすぐ横に、長さ約20?幅1cm弱くらいの黒い細いヒモ(木?)のようなものが・・・。

なんだろう?

不審に思いながらも、何せ、鳥目なので、はっきりとは見えない。
かといって、近寄って見て、もし”ミミズ”だったりしたら・・・。と思うと、怖くて近寄れない。
ミミズの災難の日記参照

・・・と、お隣の床屋さんもお店を閉めるところで、ご主人(30代後半?)が店頭に出ていらっしゃった。

これはラッキー♪と、
「こんばんわ~今終わりですか?」と声を掛ける。

相手が挨拶を返してくれるや、
「ここに黒いものがあるんですけど、私良く見えないんです。たぶん、木の破片かヒモだと思うんですけど、もし、ミミズだったらと思うと、近寄って見る勇気がないんですよね。」言ってみる。

すると、そのご主人、片付けの手を止めて、こっちへ来てくれた。
そして、その黒いものを覗き込んでくれた。

「さっきからそばに置いてあったのもを動かしているのに、反応が無いから、ミミズじゃないと思うん・・・。」

私の言葉が終わらないうちに「ミミズですよ。」と返ってきた。

「えっ?・・・」一瞬、聞き間違えたかと思い、ご主人の言葉を頭の中で反芻(はんすう)する。

「え~!!ミミズ~???いやだ~」絶叫。

ご主人「雨が降ったから、出て来たんでしょうね。」

私の状態をご覧になって、
ご主人「そんなに固まるくらい嫌いなんですか?(笑)」


嫌なんてものじゃないです。

「ええ。ミミズのお蔭で朝のお散歩止めたくらい。」 (ミミズだけが理由ではないが・・・。)

「あぁ~嫌だ!生きてるかな?」

ご主人「動かないから死んでるのかも知れないですよ。」

あ~これが専務だったら、ミミズをつついて、道路の溝まで動かしてもらうんだけど。そこまで頼めない(涙)

ご主人「夜のうちに、お店(Taniy)の中に入ってたりして・・・(笑)」

やめて~冗談でもそんなこと、言わないで(涙)

嫌だ嫌だと、首を振り続ける私を見て、ご主人の一言。

「聞かなきゃ良かったですね。」

はい。確認してもらわなきゃ良かったです。



今朝、 恐る恐る、お店にくると、居なくなっていた。
それはそれで、どこへ行ったんだ???



スポンサーサイト
2009年05月24日 (日) | 編集 |
今朝、けふこ 様から「もやし」についての正解のメールを頂きました。そのまま引用させて頂きます。



おはようございます
「もやし」の漢字を、『廣漢和辞典』(大修館書店)、『漢語林』(大修館書店)で調べました。
(本当は『大漢和辞典』で調べるが一番いいと思いますが、持ってないのですみません。)

1、「山の『もやし』」「くさかんむりの『もやし』」は同じ意味の異体字で、「山の『もやし』」が正字のようです。なので、TVで、「山の『もやし』」を教えたのには問題はないことになります。
誤字ではないので、漢字検定に出たら、どちらも正解ではないかと思いますが、しいて言えば「山」のほうがより正しいことになります。

2、下が「木」になると、意味は「ひこばえ(切り株から出る芽)」になります。
これにも、「山の『ひこばえ』」「くさかんむりの『ひこばえ』」の2種があり、「山の『ひこばえ』」が正字扱いです。
ここには「もやし」の意味はありません。

おそらく、文字のバランスがとりやすいため、「くさかんむりの『もやし』」が広まり、元の字の「山の『もやし』」があまり使われなくなってしまって「誤字」と思われたりするのだと思います。

木の切り株などから出るひょろっとした芽が「ひこばえ」、
ひょろっとした芽が米などの種から出たら「もやし」ということなのでしょうか。

3、下に「子」のつく「ひこばえ」もあります。(山が正字、くさかんむりが俗字)この場合は、草の「ひこばえ」だけでなく「妾腹の子」の意味が元です。

私は基本的に訓読みを無理に漢字で書くことはないと思っているのですが、
(中国と日本では言葉の指す範囲が違うので、どうしても無理が出るため)
あのひょろっとした「もやし」と、このおどろおどろしい字面とはどうにも合わない気がします^^;





ほんとうにありがとうございます。
わざわざ調べて頂いて、本当にお手数をお掛けしました。
さすがです。けふこ様・・・『大漢和辞典』・・・なんて、久し振り・・・いや、20数年振りに名前を聞きました。大修館書店の辞典(『廣漢和辞典』、『漢語林』)には、載っていたのですね。


番組で取り上げられていた山のもやしが 正字扱いで、     は異体字。
ひこばえ (  櫱・蘖  )には、もやしの意味は無いのですね。

”木の切り株などから出るひょろっとした芽が「ひこばえ」、
ひょろっとした芽が米などの種から出たら「もやし」ということなのでしょうか。”

 納得です。 

Yahooの辞書で検索したら、もやしは、もやし【萌やし/】なんです。(拡大コピーして確認しました)
間違いですよね・・・。


あ~すっきりした。けふこさま本当にありがとうございました。
これでゆっくり眠れます(笑)。
私だけではないと思いますよ。

そうそう、異体字の方のもやし()に、ロザンの語呂あわせを変更すると、

もやしっ子、草原の追いかけっこが辛いなら、米を食べなさい・・・でしょうか?



goo辞書より
いたい-もじ 【異体文字】
漢字や仮名の、標準的な字体以外のもの。異体字。書写体ともいい、漢字では「蛇」「呪」に対する「」「咒」など、平仮名では「こ」「は」に対する「」「」など、片仮名では「ネ」「ホ」に対する「子」「」などをいう。また、仮名については「異体仮名」、平仮名については「変体仮名」と呼ぶことがある。


yahoo辞書より

いたい‐じ【異体字】

標準の字体とは異なるが、意味・発音が同じで、通用する漢字。「煙」「群」に対する「烟」「羣」など。また、広く異体仮名を含めていう場合もある。異体文字。







2009年05月22日 (金) | 編集 |
先日、以前のtaniko日記のコメントで「ちびのケィ」様からコメントを頂きました。
こちらの新しい日記は、コメントできなくなっていますので、お返事が遅くなりまして、申し訳ございませんでした。

~ちびのケイ様のコメント~

私もこの番組みました。
ゴールデンウイークに実家にかえり、自慢げに「もやしってこう書くんだよ~」と披露したら、「それ間違ってるよ。正しくは草冠だよ」と言われ、一緒に調べたら草冠しか出てこなくて、私はとても恥ずかしい思いをしてしまいました。

tanikoさまに、私と同じようなことなっていただきたくなく、コメントしました。
がっかりさせてしまったらごめんなさい。


ちびのケィ様も、もやしの書き方を披露されたのですね。
でも、辞書(漢字源・漢和辞典他)には、どこにも山を書くもやしは出てこない・・・。
草冠のもやしを知っている人の方が断然多いですしね。


草冠のもやしは、辞書を引くと

下が木のひこばえ  をもやしとしているところもあるし、下が米の  という漢字もある・・・。

それに、ロザンが取り上げた山のもやしも間違いではなくて、実際にあるみたいなんです。

ネットで調べたら、 関心空間の中  でパソコンの変換できないと、手書きで書いていらっしゃいました。
ただ、この方は、下が木のひこばえ  はもやしとは違うと仰っているし・・・。

ここまで来ると、何なんだ!!・・・ですよね。

何で、こんなに漢字(萌やし・蘖・糵・山のもやし)があるのか。
草冠のもやしは、下が米が正しいのか、木が正しいのか。どちらも正しいのか。
山のもやしは、何に載っているのか・・・。


気になって気になって、テレ朝にTELしてしまいました。
でも電話に出られた方(女性)も、(山のもやしの)出典までは分からないそうでした。

専務に近所の書店の漢和辞典を調べてもらったり、漢字検定1級の試験問題に載っているのかと、検定1級の出題漢字 (JISコード第2水準漢字)  を調べて、それにも無いから  (JISコード第3水準漢字)(JISコード第4水準漢字) そして、補助漢字まで・・・・。

あ~目が痛い(涙)。一体、私は、何してるんだろう?
たかが、もやし(?)に、必死になって。

誰か、この不完全燃焼を何とかして~

漢字検定1級の試験ではどのもやしが正しいとされるのだろう?



2009年05月15日 (金) | 編集 |
最近、TVCMで、盛んに”ネットでレンタル”という言葉を聞く。
ネットで借りて、ポストに返却。延滞料無し。というもの。

”うまい話には、裏がある”・・・じゃないけれど、
送料無料?
返却が遅れても延滞料が付かない?
・・・じゃあ、いっぱい借りて、返さない人がどんどん出てくるんじゃないの?


・・・・・・好奇心から、調べてみた。
とりあえず○TAYAの(CD/DVD)のレンタル方法だけだけど。

やっぱり、○TAYAさん、しっかりしてます。

延滞料が付かないというのは、月に借りられる枚数が 4枚(¥1,344-) まで、もしくは、8枚まで(¥1,974-) というプランのみ。(2009/5/15現在)

会員が、借りる予約リストを記入しておくと、一度に 2枚づつ 自宅に届く。
その2枚が返却されてから、次の2枚が郵送される というシステム。

その月に一枚も借りなくても、月々の契約料は、銀行から引き落とされる。
また、延滞料は掛からないけれど、返さないと次のは借りられないし、借りたままになっている限り、月の契約料(¥1,344-/¥1,974-)は、引き落とされるというシステム。


そして、たくさん借りたい人は”スポットレンタル”として、(上記のプランとは別に) 一度に16枚まで借りられるけれど、こちらは、期限付き。 (延長料金/1日1枚¥53-)

きちんと、契約を守って借りれば、何も問題は無いけれど、借りたまま忘れてしまったりすると、余計な代金を支払う羽目になるので、何事も、契約する時は、”ご利用規約・ご利用上の注意”をチェックする必要がありますね。

そうそう、借りたDVD等を紛失・破損した場合の違約金。

・DVDまたは、ブルーレイディスク 1枚につき 4,200円
・CD 1枚につき 2,800円
・ コミック 1冊につき 735円

それぞれを買い取る形になるんだ。



2009年05月14日 (木) | 編集 |
2~3日前、専務との会話が終わって外を見ると、良いお天気。

その日の朝、運動靴を洗って、干してきた事を思い出した。

「今朝、靴洗ったんです。」

専務「・・・・」
あれっ?反応が無い。

「この間の雨で、運動靴がビショビショに濡れちゃって、臭ってきたから、今日の良いお天気に洗って、干してきたんですよ。」

専務「だったら、最初からそう言ってよ。突然、靴洗ったって言われても、返事の仕様がないよ。」

「そんなことないですよ。 ”靴洗った”って、聞いたら、”何の靴?”って返ってきて、次に ”何で洗ったの?”って、順々に会話になるじゃないですか。」

「最初から、(話が)靴を洗った説明から入ったら、それで終わっちゃうじゃないですか。会話のキャッチボールをする為の、コツですよ。コツ。」

専務「そんなこたあない。」

いや、そんなことあります!!
会話には、キャッチボールが必要なんですって!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。