毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月25日 (木) | 編集 |
今、テレ朝のドラマ『新・科捜研の女』第4シリーズが、再放送されている。

このドラマの本放送(2008年・4~6月放送)で、観たのにも係わらず、また録画して観てしまうほど好きなドラマなのだ。

その第1話に、”モスキート音”のことが・・・。
あるホテルで起きた殺人事件を盗聴していた車から発せられていた蚊のような音(モスキート音)が、小学生には聞こえても、そばに居た母親には聞こえない・・・というところから始まるお話。

このドラマ観て初めて、年齢に寄って、聞こえる音と聞こえない音があることを知った。そして、ドラマの放送より半年くらい前(2007年10月)のある出来事に納得したのである。

ある出来事・・・とは。

2007年10月頃、健康の為に、専務と夜のお散歩(ウォーキング)をしていた。
成城の方を一回りして約1時間~1時間半くらい歩いて帰ってくるのだけど、成城の住宅地を歩いていた時、”ジーーーー”と、小さくて高い虫の音のような音が聞こえてきた。

「虫の声ですかね?」
専務に聞くと、「???何言ってるの?何も聞こえないよ。」と、返ってきた。

ウソ~???最初は、専務の冗談かと思ったら、本当に聞こえてないみたい・・・。
おまけに、私の耳が変になったと思っていらっしゃったようで・・・。

耳鳴りがしそうなほど、耳に響く高い音が、そばにいる相手に聞こえていない・・・。
毎晩、 ”この音は何?” ”全く聞こえない” の繰り返しだった。

このドラマを観て、専務に聞こえなかった音が、モスキート音だったんだと納得できた。
もちろん、このドラマを観たあと、専務に、”モスキート音”の説明をさせて頂きました。

そういえば、どこかの公園のトイレで、夜にたむろしてはイタズラする若者達を遠ざけるために、若者の嫌いな音を出して撃退しようと、高周波を出す装置を設置して、夜だけ音を出すようにした・・・というニュースを聞いた。

効果はあったのだろうか?

私の場合は・・・(音を聞いても)平気?なんだろうなぁ。やっぱり。



~はてなキーワードより~
モスキート音・・・17kHz程度の高周波音。

20歳くらいまでの若者には「キーン」という耳障りな音に聞こえるが、年をとると聞こえにくくなる。
イギリスのメーカーが商店にたむろする若者を追い払うためモスキート音を発生する装置を発売、それが話題となり、今度は逆に若者向けに「年配者には聞こえないケータイ着信音」が提供されたりしている。
17600ヘルツで最長40メートル離れても不快音が聞こえる。
日本でも2007年始め頃より話題となった。
2008年、千葉県内の住宅街にあるコンビニが実験的に設置。
スイッチを押して2から3分で入り口付近にたむろしていた少年らがいなくなるという。
2009年、東京都足立区の公園で設置し、公共施設での実験は全国初となる





スポンサーサイト
2009年06月18日 (木) | 編集 |
今朝、銀行のATMで、入金していた時のこと、

"ガタン!!” 突然、機械が使用中止に・・・。

また~?

最低でも週に一度は、ATMを使っているけれど、結構、機械が止まる。
それは、私のせい(?)だったり、機械のせいだったり・・・。

今日は何だろう???
ドキドキしながら、呼び出しボタンを押すと、40~50代の男性行員さんが現れた。

「申し訳ありません。機械が止まっちゃったんですけど・・・。」

行員さん「申し訳ございません。少しお待ちください。」
私に、入金した金額を確認して、ATMの使用中止の看板を置いて、裏へ。

待つこと2~3分。さっきの行員さんが現れて、機械をガタガタ触って、「すみません。もう少しお待ちください。」

だんだん不安になって来た。
何か(お金と一緒に)入れたっけか??・・・思いあたらないし。大事になったらどうしよう・・・。

さらに待つこと、2~3分。
お店を開ける時間が迫ってきて、少し焦ってきた頃、やっと行員さん現れる。

手にお金と通帳の入ったお皿を持っていらっしゃる。良かった!!お金が無事に戻ってきてる。


行員さん「すみません。ちょっとこちらへ・・・。」
言われて、フロアの端に置かれているテーブルの所へ行く。

行員さん「先程お伺いしました金額が入っていました。すみませんが、もう一度他の機械でご入金お願いします。」と仰って、お金と通帳を差し出された後、

行員さん「これが一緒に入っていました。」

行員さんの手には、私のキャッシュカードが・・・。

一瞬、???・・・ATMにカードが入っていても当たり前じゃない??

と、次の瞬間、

「えっ?もしかして、お札と一緒に入ってました?」
そう言えば、入金するお札の上か下に、キャッシュカードを置いていたような???

あぁ~何てことを・・・。お札の入れるところへキャッシュカードを入れてしまった!!
機械は大丈夫だった?キャッシュカードは大丈夫?

慌てて、機械とキャッシュカードの無事を確認する私に、
行員さん「大丈夫です。これぐらいで(ATMは)壊れませんから。」と、優しい。

キャッシュカードも何ともありませんと、請け負って下さった。
あぁ~良かった。

昔、まだ はなや文具店だった頃、ある銀行(今日の銀行さんとは違います)でATMから振込みをしようとして、間違えて、お札と一緒に硬貨も入れてしまい、機械は止まるし、男性行員さんに「機械を壊したら、弁償してもらいますから」ときつく言われたことがある。

それ以来、その銀行さんには行っていないが、後ろには、順番を待っていらっしゃるお客様が列を成していて、恥ずかしいやら、申し訳ないやらで、泣きそうになった。

最初の失敗で、痛い目に遭っておきながら、別の銀行さんでも、お札と一緒に輪ゴム・1円玉を入れてしまったり、1枚を二つ折りにして10枚ずつの束にしてある千円札をそのまま入れて、絡まって、機械が止まる・・・ということが・・・。

そこの銀行員さんも、今回の銀行員さんも、とても優しくて、落ち込む私を慰めて下さった。

本当に申し訳ございません。
優しい言葉に甘えてはいけませんね。
本当に、これから二度とこのようなことの無い様に気をつけます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。