毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月25日 (月) | 編集 |

昨年末のこと。

お昼のお弁当と一緒に大好物のモナカアイスクリームを2個買ってきた。
01_img01nikkiyou.jpg


アイスクリームにしては、カロリーが低いのに、とっても美味しい。
何より、他のモナカのアイスクリームは冷凍されていると、硬くて噛み付きにくいけれど、
この(写真)のモナカは、いつも柔らかくて、30分くらい部屋に置いたままにしていても、
ドロドロに溶けないのがいい。

アイスクリームを見つけられて、
専務「また、そんなもの買ってきて~それも2個も!!ダイエットするって言ってて。まったく!!」

専務のお小言に、つい、
私「専務の分も・・と思って2個買ってきたんですけど。
専務が食べられなかったら、自分で食べますから。
それにこのアイスクリーム”溶けない”アイスクリームですから、時間を空けて食べます。」

専務「・・・」




そして・・・食後。
(専務がこの真冬の最中に、アイスクリームを召し上がる訳はなく・・・)


アイスクリームを続けて2個食べようとしたところへ、
専務からストップが。
専務「もう少し時間空けてからにしなさい。溶けないんでしょ?」

いや、”溶けない”って訳じゃなくて、”溶けにくい”んだけど。
さっき、つい大袈裟に”溶けない”って言った手前、何も言えず・・・。

20分後。
もうそろそろいいか・・・。

私「アイスクリーム♪アイスクリーム♪食べよ♪♪」
アイスクリームを手に取ると、また専務からストップ。

専務「まだ早いよ!!」

溶けちゃいます~と言いたかったけれど、ちょうどお客様がご来店。
接客に追われて、気がついたら、2時間近く経っている。あぁ~~

これは、何が何でも今すぐ食べなければ!!

私「アイスクリーム食べますから!!」

言い切って、(アイスクリームの)袋を開けると、”ボタボタ”っと、溶けたアイスクリームが・・・。

私「あ~溶けちゃってる~(涙)」

(専務の向こう側にある)水場に、一旦(アイスクリームを)置こうと、
専務の後ろを通る時、フラ~ッと、よろめいてしまった。

その瞬間、アイスクリームがタラ~ッと、専務の背中に・・・。
専務の上着に20センチくらいの長さの、アイスクリームの白い線が・・・。


私「あぁ~。ごめんなさい。専務~。背中にアイスクリームが落ちちゃいました~。」

ウェットティッシュで、(専務の上着を)拭きながら、
私「ほんとにごめんなさい。・・・うふふ。あはは。」謝りながら、笑いが止まらなくなる。
専務の上着が、化繊ぽい生地で良かった。

専務「誰が、溶けないアイスクリームって言ったんだ。全く!!(怒)」

本当に申し訳ありません。
怒り心頭に発する・・・って、こんな状態??

”溶けないアイスクリーム”って、言ったばかりに、
モナカの皮とあずきしか食べられなかった私と、

”溶けないアイスクリーム”を信じたばかりに、
上着にアイスクリームを落とされた専務。

どちらが悲惨???


でも、”溶けないアイスクリーム”って、信じる方もどうかと・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。