FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2006年08月21日 (月) | 編集 |
おとといの夜、情報番組の見出しに”ハンカチ佑ちゃん”とあって、何だろう?・・・と、TVの画面を見たら、ハンカチで汗を拭くピッチャーの姿が・・・。

驚いた・・・。

愛媛出身の私は、幼い頃から、夏には甲子園(高校野球)を観るのが当たり前の世界で育ってきた。
自分が高校の頃には、応援団に入っていたから、野球部の地方予選の応援にも行ったし、浪商の牛島投手のファンになったりして、間近に、または、TVの画面で、結構の数の試合を観て来たが・・・ハンカチで汗を拭くピッチャーは、初めて見た。
それも、タオル地のミニハンカチ(だろう)を、4分の1にきちんと折りたたんだ状態で拭いている。

何か、とっても不思議なものを見ている気持ちになった。マウンド上で(ハンカチで)汗を拭いても、別にいけないことではないのだろうけど、高校球児は、流れる汗はユニフォームで拭う・・・そんなイメージが出来ていたんだろう。

驚いたけど、何とも言えない仕草が、新鮮で母性本能をくすぐるのだろうか・・・。今朝のワイドショーでは、”ハンカチ王子”とまで言われていた。まぁ、彼(斉藤佑樹投手)の高校(早実)が決勝まで勝ち残っていたのと、彼自身が良いピッチャーだからだろうけど。

昨日の決勝15回引き分けの後、本日再試合で4連投して、13奪三振・3失点完投勝利。
ハンカチで汗を拭いている姿はかわいく見えるが、しっかり芯は強いのだろう。初優勝おめでとう!
良い試合は、片方だけでは成り立たない。
3年連続優勝を逃した駒大苫小牧高校も素晴らしいチームでした。