FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2006年09月24日 (日) | 編集 |
朝、TVをつけたら、「遠くへ行きたい」の予告をやっていた。
何気なく観ていると、来週の旅人が”山村レイコ”。

名前に聞き覚えはないが、顔に見覚えが・・・・。どこで観たんだろう?
記憶を辿る。・・・・・
       



そうだ!!吉岡君の出演映画「学校?」で、吉岡君演じる高志と神戸浩演じる裕也の養護学校生の2人が熱気球に乗る場面があるのだが、その熱気球に2人を誘ってくれる女性だ。

映画を観た時から誰だろうと気になっていた女性だった。

社会での偏見と差別の現実を知り、自分の人生に絶望して雪山に向かう高志が、(高志を慕って意味も分からず後を追いかけてくる)裕也を追い返そうと二人で揉み合っている時に現れる。仲間と気球に乗りに来た女性。

突然現れた気球をボーっと見つめる高志と裕也に「君達なにしてるの?」明るく声を掛け、熱気球に乗せてくれる。熱気球に乗ることによって、(一時的かも知れないが)高志の心は救われる。

二人が障害を持っていると分かっても、何の違和感も無く自然に話し掛ける。偏見と差別に傷ついた高志を包み込むような笑顔がとても優しい。

セリフの感じからして、女優さんではないと思われた。でも、何と言うか・・・普段から自然に触れる生活をしているのだろう・・・と言う感じが出ている女性だった。

山田監督は『寅さん(男はつらいよ)』でも俳優さんではなく、本物(ロケ先)のおばあちゃんを出演させたりされているから、この女性もアウトドアの生活をしている人なんだろうな・・・とは思ったが、エンディングを観ても名前は分からず仕舞い。
「学校?」を観て以来、ずっと気に掛かっていたのだが、今日初めて分かった。

山村レイコ:(本名)三好礼子。元国際ラリースト。自然回帰生活びと。エッセイスト。
18歳でバイクツーリングに出発。アルバイトをしながら、日本全国3万キロを365日かけて旅する。
旅日記をバイク雑誌に連載したことがきっかけで、バイク・車・旅関係の著述活動を開始。
その後、海外ラリーにのめり込み、現在は富士山麓に住み、アイガモ農法・自然農法でお米を栽培している。お米のブランド名は「ありが稲(とう)」。

やっぱり、只者じゃなかった。
二輪・四輪でのパリダカを始めとするモータースポーツ競技やアドベンチャーレース・シーカヤックマラソン・日本山岳耐久レースなど多種競技に出場。レースの傍ら野菜やお米を栽培し、各雑誌にエッセイを連載している。
TVの特集番組への出演も多い。講師として、各地の講演会にも出席している。
趣味が、自然農の野菜&米作り・バイクトライアル・登山・乗馬・スキューバ&素潜り・ジョギング&サイクリング・カヌー・フライフィッシング・映画鑑賞・絵画・・・・等。
自由気ままに好きな事をやりつくしたように見えるが、48歳(49歳?)の今なお、好奇心旺盛。
スカイダイビング・山スキー・大陸横断級のウルトラマラソン・ボディボードなど、まだまだやりたいことが多いスーパーウーマンである。
  参照:山村レイコHP(Fairy Tale )より

凄すぎる。私より年上なんて信じられない。