FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2006年09月29日 (金) | 編集 |
今朝、めざましTVで「白石康次郎」氏を特集していた。

何年か前、最年少でヨットの単独世界一周横断したとニュースで聞いたことがあるが、名前までは覚えていなかった。
その後、世界で最も過酷なアドベンチャーレース「レイド・ゴロワーズ」に3度目の挑戦の南アフリカ大会で日本最高位の11位でゴールしたり、2002年~2003年には「アラウンド・アローン」クラス?(単独世界一周ヨットレース)に4位でゴール。
そして、今年10月には、世界最高峰のヨットレース「5OCEANS」クラス?に日本人初挑戦するのだという。

世界一周のヨットレースがあった事を初めて知った。半年も掛けてレースするなんて・・・信じられない。それもたった一人で・・・。

先日の山村レイコさんといい、その好奇心はとどまるところを知らない。世界一周しただけで凄い事なのに、白石氏曰く「世界一周成功したら、今度は、その(世界一周)レースに出たくなって、今度は、最高峰に挑戦したくなった。」

”人生、常に挑戦”ということか・・・。

* 「レイド・ゴロワーズ」
女性を含む5人1組のチームが秘境と呼ばれる大自然をカヌーやマウンテンバイクなどを使い、人力のみで進む。
レース開始24時間前に通過すべきチェックポイントが発表され、選手たちは地図とコンパスを使ってそれらを探しながらゴールを目指す。
その距離は数百にも及ぶ。スタートからゴールまでの1週間から10日間がぶっ通しでレース。
食料・水・テントなどを担いで、睡眠も食事もトイレも全てがレース時間内にこなされる。
アドベンチャーレースが初めて開催された89年には、あまりのクレイジーさに「人間版パリダカ」と呼ばれたほどだったという。

     ( 白石氏旧サイトより抜粋 )