FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2008年01月14日 (月) | 編集 |
先週T社にFAXで発注した商品が入荷していない。発注の確認の為に電話。

T社「はい。○○です。」相手の会社の人が出る。

こちらのお店名を言って、
「先週、7日にFAXで発注した商品がまだ入荷していないんですが、そちらの注残に残っていないかご確認頂けませんでしょうか?」

T社「商品は何でしょうか?」

「△△(社)の□□です。」商品名を言うと、相手の反応がちょっとおかしい。

T社「8日のご注文は、・・・と・・・ですが?」

「はっ?」

聞いたことも無いような品名に、初めて、違う会社に電話したこと に気づく。
 (向こうの会社名を聞き逃した私も私だけど、相手の人だって・・・。私もお店名言ったのに・・・)

「申し訳ありません。電話番号間違えたみたいです。」
早々に謝って電話を切ると、

後ろから「うふふ。おぬしもやるのう。」と専務の声。

無視して、T社へTEL。今度は間違い無い。
すると、「7日にTaniy様からの発注は頂いておりませんが。」のお返事。

仕方なく、今から再FAXするのでお手配をお願いして電話を切る。すると、また横から「おぬしもやるのう。」

もう、ほんとに、五月蝿(うるさ)いです!
声の主を睨むと、「どこに(FAX)送ったのよ?」と突っ込みが入る。

「分かりません。他の会社から間違いFAXの連絡無かったですから。もしかして、FAX送ったつもりで、送ってなかったのかも知れません。」

(客注・別注の商品の発注の場合は、必ずFAXの後、電話を入れて確認するようにしているが、通常在庫の場合は、納期を急いでいるもの以外は電話することは無い。)

再FAXを送っていると、まだ横で「おぬしもやるのう」と繰り返していらっしゃる。ご自分の思いついた言葉が余程お気に召したらしい。

く~!!憎たらしい!!