FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2008年01月23日 (水) | 編集 |
東京に2年振りの雪!!


360_12008012301.jpg


360_22008012302.jpg

雪で大変な思いをされている地域の方々には申し訳ないけど、毎日、温暖化の影響が叫ばれている今年ほど雪が降って嬉しいことは無い。




10時にお店開店。
日除け・雨除けの屋根を出すかしまうかで悩んだが、天気予報は、雪は午後から雨に変わると言っていたことを思い出し、出すことに。

午前中だけなら、屋根に負担が掛かるほど、雪が積もることも無いだろう・・・。

午後1時。
雪は止む気配は無く、止むどころか、空から落ちてくる雪の結晶は朝よりも大きくなっていて、街を一面の銀世界へと変えようとしている。
道路も白くなってきて、日除け・雨除けの屋根にも雪が積もっていく・・・。

午後2時過ぎ。
まだ雪の勢いは止まらない。屋根が心なしか、しなってきた。
このまま降り続いて、雪の重さで日除け・雨除けの屋根が壊れることになったりしたら・・・もう待てない!!


店頭に出していた、販売什器達を店内に入れて、日除け・雨除けの屋根をしまう。

手で棒を回転させてしまうタイプの日除け・雨除けなのだけれど、棒を回転させていたら、屋根を巻き込むに連れて、屋根に乗っていた雪の塊が、ドサドサ頭の上に落ちてきた

あまりにもお約束すぎて・・・自分でも情けなかったが、お店の入り口が狭くなっているため、棒を回す立ち位置は、そこ(雪が落ちてくる位置)しか無い。

ため息をつき、屋根から落ちてくる雪を頭にかぶりながら”何で、朝、屋根を出してしまったか”・・・後悔しながら棒を回して屋根をしまう。午前中で雨に変わるって言っていた天気予報が恨めしい。

2時半頃、屋根をしまって、ストーブで濡れて冷えた身体を温めていたら、専務がいらした。

専務「何で、屋根出さないの?」
「朝、出してたんですけど、雪がひどくなってきたから、心配になってしまったんですよ。」
専務「もう、雨になってるよ。」
「えっ?・・・うそ?・・・」屋根をしまってから20分も経っていない。

表に出ると、ついさっきまで確かに白い雪だったのに、白さは消えて・・・雨っぽい・・・。

道路の白い雪が少しずつ消えていく・・・。屋根をしまわないで、もう少し待ってれば良かった・・・。
後の祭り・・・である。天気予報を恨むべきか・・・自分のせっかちさを恨むべきか・・・。

”ブルッ”・・・寒気が・・・・。