毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月02日 (金) | 編集 |
1週間ほど前のこと。
お隣のドラッグストアで、サロンパスのサンプルを頂いた。

元々、アレルギー体質なので、サロンパスを貼っても、すぐに痒くなって剥がさずにはいられないのだが、そのサンプルが普通のサイズの半分のサイズだったのと、その2~3日前から肩がこっていたこともあり、だめもとで肩に貼ってみた。

すると、普通は貼って1分もしないうちに痒くなるのが、5分経とうが、10分経とうが・・・、1時間経っても全然平気なのだ。

たとえ、「(サロンパスが)臭い!!」と専務に言われても、痒くさえならなければ、何の問題もありません!!

しかし・・・、午後8時の閉店間際。
スーツにコート姿のビジネスマン風の男性がご来店。年の頃、20代後半から30代前半ぐらい??

TVで紹介された圧力式のボールペンをご覧になられたいとのこと。

今CM中なのは、トンボ鉛筆から先日発売された”エアプレス”だけど。
以前から発売されている三菱のパワータンクもあると言うと、「どう、違うんですか?」と聞いていらした。
どちらの商品がお客様のニーズに合うか、違いを説明していくと、「じゃあ、こちらにします。」とトンボ鉛筆のエアプレスを手に取られて、満面の笑顔で仰った。

そこで初めて、そのお客様の顔をまじまじと見て、高橋克典似のいわゆる”イケメン”の男性だと気づいた。

女のサガで、普段だったら、こんなステキなお客様ならとってもウキウキしながら応対するところなのだが・・・。

なんせ、その日は、サロンパスを貼っていて、不思議なことに、お客様が”イケメン”だと気づいた時から、サロンパスの臭いが矢鱈(やたら)と気になってくる。自分でもこんなに臭うのだから、きっとお客様にも臭っているはず。

なのに、そのお客様、三菱のクルトガ(ペン先の回転するシャープペン)を見つけて、今度は”クルトガ”についての質問を・・・。

文具の話を、それも相手が聞いてくれると思うと、ついつい余計なことまで話してしまうのだけれど。
この時は、鼻につくサロンパスの臭いが気になって気になって、なかなか話に集中できなかった(涙)。

なんでこんな日に限って、サロンパス貼っても痒くなかったのだろう・・・。

30分ほどの文具についての雑談の後、商品を購入されて「興味深い話をどうもありがとうございました。」と丁寧に挨拶して帰られた。とっても感じの良い好青年だった。

あぁ~私があとウン年若ければ・・・とは、思っても、サロンパスの香りがしている時点で、いや、男性に対して”好青年”という言葉が出てくる時点で、ダメだわ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。