毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月20日 (月) | 編集 |
昨日、舌を噛んで、喀血と間違えたくらい出血。
(傷に気づいてから、)とても痛かった。

専務に舌の傷口を見せると、「うわっ!!」と、思いっきり引かれた。

顔を顰めながら、「そんなに噛んだら(幅10mmくらいの傷ができてた)、薬つけないと、化膿するよ。」と仰る。専務だったら、間違いなく化膿するらしい。

机の引き出しで、口内炎の薬を見た覚えがあると、専務が探して下さったけれど、見つからず。
変わりに、切り傷。擦り傷用の化膿止め があった。

394_120081020.jpg


専務「これ付ければ?」
「それ、手や足を怪我した時に付けるやつでしょ?口は嫌です。」

この間、カッターで手を切った時に、使った化膿止め。確かに、効いたけど。やっぱり口の中には、怖い。

舌が痛くて、専務の冗談に突っ込む気もしない。

結局、(口内炎の薬は)見つからず、せっせとお茶で消毒。

そして、今日、朝から舌の痛みを忘れていた。

食事中も全然気にならなかったし。午後になって、「あれっ?私、昨日舌噛んだんですよね。忘れてました。」専務に言うと、「すごいね~」

「うふふ。すごい回復力ですよね。私の口の中に汚い菌は無いんですよ。」

嬉しそうに言うと、「悪かったね。汚い菌がいっぱいで。(怒)」

しまった!!専務、いつも化膿するんだった。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。