毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年08月23日 (土) | 編集 |
お店にはレジの左手上に防犯カメラの画像を映す液晶モニターが設置してある。防犯カメラの画像を流す為のモニターではあるけれど、TVのアンテナと繋いであるのでTVを受信出来る。と、言ってもあくまでもモニターだけなので当ビルが入っているJ・COMからデジアナ変換されて観れているのである。(2015年3月まで)
防犯カメラの画像を流すのに気が引ける程(画像が)明瞭な為、(下の写真)通常はTVを流している。(防犯カメラの画像は録画している。)

monitar0823.jpg





先週の16日(土)夜、フジTVで『本当にあった怖い話』が放送されたのだが、15周年記念と言うことで、昼間(16:00~17:00)に傑作選が放送された。

 こちら でも書いた事があるように、ホラー映画・ドラマは苦手である。だから、今まで、夜に『本恐』を観た事は無かった。でも、(この日は)昼間だし、専務もいらっしゃるし、お客様がいらっしゃれば気が逸れてTVに集中する事もないかも知れない・・・と、怖いモノみたさで傑作選を観てみる事に。

まだ若い堀北真希や小栗旬、長澤まさみ、綾瀬はるか、佐藤健等が出演のオムニバスドラマ。

お客様がいらっしゃれば気が紛れる・・・なんて甘かった。
ちょうどお盆休みでお客様はまばら・・・おまけにちょうどドラマの始まった頃に雨まで降ってきた。
なので、何かに邪魔される事も無く集中して(TVが)観れてしまった。

堀北真希のドラマ『本が招く幽霊』・・・”ある女子高生(堀北真希)が夜「怪談の本」を読んでいる時、何かの気配を感じて怖くなり、翌朝、その本をゴミの集合場所に捨てる。その夜、友人が泊まりに来て、本棚から取り出したのが・・・捨てたはずの「怪談の本」・・・”というお話。


ドキドキしながら集中して観ていたら・・・。

  プル-プル-プル-


「ヒィーッ!!」


電話の音にビックリして、悲鳴を上げながら隣でパソコンに向かっている専務の背中に飛びついた。
(モニターの下にパソコンが置いてあり、その前の椅子が専務のいつもの定位置なのである。)

専務「そんなに怖いならチャンネル回せばいいじゃない」
私の大声に驚かされて、その上突然飛びつかれて・・・それでも怒らない専務。

電話を終えて、チャンネル替えようかとチラッと思ったけれど、やっぱり観る。

小栗旬の出演作品はちょっと危なかったけれど、続く長澤まさみ・綾瀬はるかの出演作品はそれほど怖くなく、何とか乗り切ったと思っていたら・・・、佐藤健の出演ドラマで・・・・。

佐藤健の出演ドラマ『顔の道』・・・”20代の若いカップルが車で川釣りに行く途中、山の中にポツリと公衆電話がある。彼(佐藤健)が、公衆電話の中に人影を見たような気がしたと思ったら、運転していた彼女が眠いと車を止めて眠ってしまう。免許の無い彼(佐藤健)は、彼女が目を覚ますのを待つしかない。じっと待つだけに耐えられなくなり、友人に連絡して迎えにきてもらおうとするが、携帯は圏外、公衆電話はお金を入れてもつながらず、近くの朽ち果てたような民家に電話を借りに行って・・・”という話。

佐藤健が民家を訪ねるところから危ない予感がして、専務の背中に捉まりながらTVをチラ見していた。

民家で白いモノ(白い服の女性)が現れて、佐藤健が逃げ出す。車に戻って眠っていた彼女をたたき起こして車を出させる。佐藤健が「首の無い女が・・・」って言うのを観ながら、その場面を観なくて良かったと安心した次の瞬間!!

私・TVのカップル 「ウワーー!!」

  ゴツン!!

私 「いた~ぁい(涙)」



下を向く瞬間に観てしまった。・・・カップルの車のフロントガラスに 血まみれの女性の顔が・・・。
あまりの怖さに悲鳴を上げながら(後ろから)専務の首に抱きつく・・・。
抱きついて下を向いた拍子に、思いっきり専務の後頭部におでこをぶつけてしまったのである。

久しぶりに(?)目の前に火花が散った・・・。
 「イタ~イ!!(涙)」おでこを押さえてうずくまる。「あぁ~・・・イタイ・・・」
”痛い”としか言葉が出てこない(涙)

専務 「何やってるのよ(怒)。」

流石にお怒りの専務だけど、痛がってらっしゃらない???
何で???


痛みの衝撃が去った後、度々フロントガラスに映った女性の顔が頭に浮かぶうようになり、2~3日恐怖にうなされた。
もう、怖いTV・映画は絶対に観ません。

























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。