FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2005年02月15日 (火) | 編集 |
今日はお休み。久し振りにゴロゴロして過ごす。
普段時間が無くてお部屋の片付けが出来ない・・・なんて言っていながら、つい、だらだらと一日終えてしまう情けなさ・・・。

”体を休めるのも大事”だと自分に言い訳していたら、ちょうどTVで”ゴミの部屋の片付け”の特集が始まった。



IT企業に勤める30代の男性。
会社の寮に住んでいるのだが、仕事が忙しくてゴミを溜めてしまい、それが会社に見つかって、退寮を命じられたという。とても1人で処理出来るものでは無く、28万支払って業者に依頼したのだ。

本人が会社に行っている間に1日で終わらせる契約。
5人がかりで始めるが、そのゴミの量半端じゃない・・・。何畳のお部屋かはチェックしなかったが、押入れから、お部屋の中まで、ペットボトルや空き缶、コンビニのビニール袋に入ったゴミの山。マットレスのベッドもゴミで隠れてしまっていて、本人が寝る時は、ゴミにもたれて眠っているとか・・・。

冷蔵庫も何年も開けてなかったらしく、無数のショウジョウバエの死骸が・・・。臭いも凄いらしく、皆(ガスマスクのような)マスクをしているのに、「臭い!!」と言っている。

いったい・・・!?

ベッドの下にもゴミ・ゴミ・ゴミ・カビも・・・。ゴミだらけのお部屋の特集はよく見るが、1.2を争うかも。見てて気持ち悪くなってしまった。思わず、自分の部屋を見回す。確かに散らかっている。でも、ゴミは溜めてない。

私も面倒くさがりやで、ゴミを溜めてしまうような”要素”があるから、ゴミを溜めてしまう人の気持ちは分かる。でも、私の部屋にゴミは溜まらない。

その理由は・・・。

その1。幸いな事(?)に、私は鼻が利く。
昔、番組でジミー大西が警察犬と利き比べをして犬に勝っていたが、私も競るくらい利く。だから、お部屋に臭いの元を溜める事は無い。

その2。何より、虫が嫌い。本にいる小さな紙魚(しみ)でさえも恐い。花びんのガーベラに毛虫が出てきて以来、ガーベラやひまわりはお部屋に入れない。生ゴミなんか溜めて虫が出てきたら・・・考えるだけで恐ろしい。冷蔵庫の中の、料理しなくてだめになった食材だけは、何があっても片付ける。

その3。生ゴミを溜めない原因になった出来事。
大学1年の頃、当時3年のサークルの先輩のアパートに、サークル仲間で毎日のように集まっていた。

その日集まったのは、お部屋の先輩と付き合い始めた1年生の女の子と私、部屋の主の先輩と同じ3年の男の先輩の4人だった。なぜだか覚えていないが、4畳半に備え付けの小さな水場で、女の子2人、お料理する事になってしまった。

お料理した事の無かった私、ご飯だけは炊ける・・・と炊飯器を手にした。台所に立つ(付き合い始めた)”彼女”の後姿を見ながら、「やっぱり女の子が台所に立つといいなぁ」と、”彼”の先輩はもちろん、もう1人の先輩も嬉しそう。

「しばらく料理してないんだ。」とお部屋の主(”彼)の先輩。

(男の先輩でも、たまには自炊してるんだ~)と思いながら、炊飯器(保温の無い直径15cmくらいのもの)のフタを開ける私。「あれっ?」中に緑の丸が見える。

私「先輩~”グリンピースご飯”炊かれたんですか?」
先輩「えっ?炊いてないよ。」・・・・よく見ると1つ1つの緑の大きさが違う。
頭に、先程の先輩の言葉”しばらく料理していないんだ・・・”が浮かぶ。

これは?・・・もしかして”カビ~”・・・。と気付いた瞬間、「きゃ~!!」絶叫して、炊飯器から離れた。

「悪い!悪い!」と言いながら、”グリンピースご飯”を片付けてくれた先輩。

その日、その炊飯器で炊いたご飯を私が食べたか・・・は、覚えていないが、”グリンピースご飯”のショックは20年過ぎても鮮明なままだ。この”グリンピースご飯”のお蔭で、私の水玉恐怖症は悪化した。

以上の理由で、どんなに疲れていても、おっくうでも、ゴミだけは収集に出す。