FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年04月19日 (火) | 編集 |
久し振りの休日。
今日は友人と(山口)祐一郎さんのミュージカル”レ・ミゼラブル”を観るために銀座へ。
夕方からの開演まで時間があるから、マリオンの前で待ち合わせ。お昼して銀ブラ(死語?)の予定。

でも、待ち合わせの前に西銀座デパートの前を通りがかったら、『大ピンチ!O型』の立て看板が目に入る。マイクを持って献血を呼びかける男性の姿も。

</span>
結構献血好きな私。自分の血液型が不足と聞けばウズウズしてくる。
友人に会ってお昼食べた後、一時別れて私だけ献血する事に。(友人は1980年代英国に1ヶ月近く滞在していた事があり、出来なかった)

注射嫌いの私が、何で献血は好きなのか?って聞かれたら理由はわからないが、東京に出てきて初めてやった献血でいい思い(?)をしたから??かな?

大学のある駅前によく献血車が来ていて、たまたま時間があって献血したら景品が凄かったのだ。

覚えているだけでも『マムシドリンク・栄養ドリンク・ボールペン・メモ帳・ティッシュ・ワカメ・ジュース・など』(30×25くらいの)手提げ袋一杯のおみやげもらって、福福気分。こんなにもらえるならいくらでも献血しよう!!なんて思ったのだ。(最近はジュースがもらえるくらいだけど・・・。今回は何故か?キティちゃんの大きなキーホルダー)それ以来、勤め先や出先でよく献血したものである。

48_12005041901.jpg
  ↑キティちゃんのキーホルダー


でも上には上がいるもので、OL時代の同僚に”献血大好き青年”がいて、営業に出た途中で献血してきたと言っては、もらったジュースを美味しそうに飲んでいた。彼の右手は、献血のしすぎ(?)で、硬くなっていて、触って鳥肌立ったのを覚えている。ここまで”好き”・・・ではない!

最近は、献血するのに、(込み具合にもよるが)3~40分から小一時間掛かる。
受付で申し込み用紙に記入して質問を受ける。
その後、お医者さんとの面談と血圧測定。
その後少量の血液を取って、献血出来るか血液の検査。
それをクリアしてやっと献血。

400mlも献血したのは、初めてかも。しばらく献血していなかったから、はっきりしないが、いつも200mlだったような・・・。まっ。無事に献血出来たからいいか。

以前、献血申し込み書を書いた後に、着ていた洋服の袖が肘(ひじ)から上に上がらない事に気がつき、結局献血できなかった事がある。
必死に(袖を)持ち上げようとする私に笑いを噛み締めながら「お気持ちだけで・・・」と”ジョア”をくれたお兄さん。ごめんなさい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。