FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2005年04月19日 (火) | 編集 |
献血を終え、友人と合流して帝劇へ。
今年2000回公演になる”レ・ミゼラブル”を観るのは、今日で4度目。

遙か昔(?)滝田栄さんのジャンバルジャンで観たのが最初。
当時勤務していた塾の中3の女の子が高校合格したお祝いに2人で観に行ったのだ。
劇団四季以外の舞台は初めての私だったけれど、お目当ての役者さんが出ていなくても(本当は、鹿賀丈史さんが観たかったのだけど)いい舞台は感動するものなんだと実感したものだ。


今日は、祐一郎さんがジャンバルジャン役を演じ始めてから観る、3度目の”レ・ミゼ”。
1回目の上演から、演出も舞台背景もそう変わっていない。演じる役者さんが変わるぐらいで、その役者さんによって役柄のイメージが変わってくるのも観る方の楽しみなのである。

今回はマリウス役の藤岡正明さんが今まで私の観た”マリウス”の中では、(全員観ていないけれど)一番私の持っている”マリウス”のイメージに合っていて、自然に感情移入できた。他の役者さんたちも良かったけど・・・何と言っても祐一郎さん!!

”山口バルジャン”は、3度目だけれど、今日のジャンバルジャンは、最高だと思う。
ラスト祐一郎さんの歌に友人と2人して泣いた。私達だけじゃなくて回りにも目頭を押さえる人多数。私は音楽には疎い方だけど、祐一郎さんの歌を聴いていて、”強い声”と”大きい声”・”弱い声”と”小さな声”は違うんだなと、しみじみ思う。

何度も繰り返されるカーテンコールと歓声!!

客席から中年男性(日本人)の「ブラボー~!!」の掛け声が飛ぶ。
それに続き、あちこちから感動の掛け声が飛び交う。(最初の「ブラボー」が強烈で他の人達が何て叫んでいたか忘れた。友人曰く「”ブラボー”なんて久し振りに聞いた。」)

そして、観客のスタンディングオーベーションと鳴り止まない歓声の後、祐一郎さんが1人舞台に残り、最後のカーテンコール。

毎度おなじみ、一度引っ込んでから、再び舞台の袖から頭だけ出して、観客の歓声に応えて終わり。お茶目な(?)祐一郎さんを見て、祐一郎ファンも納得して帰るのだ。

拍手とジャンプのしすぎで、ぐったり。手は痛い。でも心は・・・

49_12005041902.jpg
レ・ミゼのパンフレット(4冊目)