FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2005年06月28日 (火) | 編集 |
昨日の「赤い疑惑」の最終回。
井上陽水の曲、『愛は君』が、ドラマの中で流れた。


流石に幸子(石原さとみ)と光夫(藤原竜也)が歌う事はなかったけれど、バックで流れていた。

オリジナルでは、百恵ちゃんと友和さんが見つめ合って歌うのだけれど、あんまりこの曲が2人の気持ちに合っているから、このドラマの為に作られた曲かと思ったものだ。

何度目かの再放送をビデオに撮ってこの場面を観たら、どうしても原曲が知りたくなり、CDショップで探した。
今ならネットで簡単に調べられるけれど、その頃は調べる方法も無くて、ショップでどうやって探そうかと思っていたら、ふと、陽水の名前が浮かんだ。

♪愛は空・愛は海・愛は鳥・愛は花・愛は星・愛は風・愛は僕・愛は君~♪こんなストレートな曲を作るのって・・・陽水ぐらいだろうと、陽水のアルバムをチェックしたら・・・「ビンゴ!!」その曲名も『愛は君』。(それでも、レンタルで確認してから購入したけど。)

思い入れのある曲が流れて浸っていたら、もう1曲・・・。

幸子のおじいちゃんが歌う『月の砂漠』。

オリジナルのおじいちゃん役だった松村達雄が数日前に亡くなったと思うと、どうしても松村達雄の『月の砂漠』が聴きたくなった。
寝不足覚悟(?)でDVDを観てしまう。お蔭で、今日は朝からずっと『月の砂漠』を歌いっぱなし・・・。

「いい加減に止めてくれ!」専務からも怒り(?)の訴えが出る始末。同じ歌をリピートで歌うのもつらいのだけれど、隣りで聴いている方も拷問(?)らしい。

そうは言っても、気が付いたら「♪つきの~」と口から出るのだから・・・止めようが無い。
「一回最後まで歌えば終わるよ。」と専務。

でも、「金の鞍には王子さま♪銀の鞍にはおひめさま」の次が思い出せなくて・・・「♪ふ~ん♪」とハミングになり、そのまま「つきの~」と頭に戻ってしまうのだ。

・・・・誰か助けて~