FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2005年11月09日 (水) | 編集 |
「昭和33年に思いっきりタイムトラベルして下さい」
・・・先日行われた東京国際映画際の舞台挨拶での吉岡君の言葉です。
ええ。しっかりと、昭和33年の世界に浸って来ました。

監督の山崎貴氏は『ジュブナイル』や『リターナー』を作られた方。VFXの第一人者と言われているけれど、VFXは未来だけでなく、過去も表せるものなんだと、改めて驚かされた。
実際に建てられたセットとCGの合成は、気の遠くなるような細かい作業だったそうだ。画面を観ていてどこが合成なのか全く分からない。
上野駅はミニュチュア版を作って合成したそうだけど、実際に建てられたみたいだ。(実際の上野駅がどんなだったかは、知らないが・・・。私が東京に来た20数年前は、まだこの時代の上野駅だったのだろうか?外観を見た事ないから分からない。改札の辺りは、何となく見覚えがありそう・・。)

『三丁目の夕日』は、昭和33年、東京タワーが建てられた年、下町の夕日町三丁目の人々の生活を描いたもの。

祖母から譲り受けた駄菓子屋を営みながら、小説を投稿して、常に落選している茶川龍之介(吉岡秀隆)とひょんな事から引き取る事になった小学生の淳之介(須賀健太)。そこへたまに訪れる飲み屋の女将ヒロミ(小雪)の3人の血のつながらない”家族”。

茶川家のお向かいにある自動車修理工場(鈴木オート)を営む、鈴木則文(堤真一)。その妻トモエ(薬師丸ひろ子)。小学生の息子・一平(小清水一輝)。そして、東北から集団就職で住み込みで働きに来た六子(掘北真希)の4人家族の鈴木家。

その他、お医者さん(三浦友和)やタバコ屋のおばあちゃん(もたいまさこ)。

天敵同士の鈴木オート(堤真一)と茶川(吉岡秀隆)のやりとりやそれぞれの家族の心の交流、町の人達とのやりとりが、優しく、可笑しく、時に激しく(?)描かれている。

どの役者さんがいい!!とか、どの場面がいい!!とか挙げていると、止め処なく続きそうだ。

監督の山崎貴氏が、これ以外考えられないキャスティングと言うように、皆、昭和33年の世界にぴったりと嵌っている。

1つだけ挙げると、何と言っても、鈴木則文役の堤真一が可笑しい。勢い(?)で笑ってしまった。対する吉岡君の絶妙の”間”と”声”と”表情”も上手い。流石、寅さん譲り?

・・・でも、吉岡君が言うには、寅さんは何度撮りなおしても、その度に少しずつ違えているから、何度やってもスタッフが爆笑するけれど、自分の場合は、最初はスタッフも笑ってくれるが、何回か撮りなおしていると、誰も笑ってくれなくなるとか。

いえいえ、十分可笑しかったです。

どこかのHPでの映画の感想で、”誰からも愛される映画”と書かれていた。スタッフやキャストにとって最高のほめ言葉じゃないだろうか?



コメント
この記事へのコメント
No title
TVで放映されたら拝見しようと思います。
映画館に行く根性と愛情が無くて、ゴメン(~_~)
2009/04/26(日) 11:31:15 | URL | けいこ #-[ 編集]
No title
是非観てね~。今日来店された営業さん(40代・男性)「何でわざわざ泣きに行かなきゃならないんだ?」な~んて事を仰るから、た~っぷりと、映画の良さを語って差し上げましたわ。
2009/04/26(日) 11:31:58 | URL | taniko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する