FC2ブログ
毎日のつれづれを綴った日記。
2010年06月15日 (火) | 編集 |
お店には、防犯カメラを設置してある。
防犯カメラの画像を写す為のモニターに、
TVが映るようになっているのだが、
画像があまりに綺麗で、はっきりしているので、
防犯カメラの画像を流したままにしておくには、抵抗があり、
防犯カメラの画像は録画して、
お店ではTV放送を流している。


2ヶ月ほど前の事。

「違うんだな!!」

突然の、専務の言葉に驚いた。

石川遼君の出ているTVCMに反応されたらしい?!

遼くんが、「食いてぇ~」と叫ぶCM。

専務曰く。
「遼くんはあんな言葉使わない!」のだそうだ。

確かに、私も、このCMを観る度に違和感があった。

遼くんも、10代の若者で、男の子である。

”食べる”より”食う”と言うこともあるかも知れない。
でも、インタビユーや記者会見での対応を見ている限りでは、
遼くんに”食う”は、似合わない。

CMを観て、違和感を感じた人も多かったのじゃないだろうか。

最近は、「食べてぇ~」に変わった。(笑)

「まだ違うんだよなぁ」 by専務 



2010年01月25日 (月) | 編集 |

昨年末のこと。

お昼のお弁当と一緒に大好物のモナカアイスクリームを2個買ってきた。
01_img01nikkiyou.jpg


アイスクリームにしては、カロリーが低いのに、とっても美味しい。
何より、他のモナカのアイスクリームは冷凍されていると、硬くて噛み付きにくいけれど、
この(写真)のモナカは、いつも柔らかくて、30分くらい部屋に置いたままにしていても、
ドロドロに溶けないのがいい。

アイスクリームを見つけられて、
専務「また、そんなもの買ってきて~それも2個も!!ダイエットするって言ってて。まったく!!」

専務のお小言に、つい、
私「専務の分も・・と思って2個買ってきたんですけど。
専務が食べられなかったら、自分で食べますから。
それにこのアイスクリーム”溶けない”アイスクリームですから、時間を空けて食べます。」

専務「・・・」




そして・・・食後。
(専務がこの真冬の最中に、アイスクリームを召し上がる訳はなく・・・)


アイスクリームを続けて2個食べようとしたところへ、
専務からストップが。
専務「もう少し時間空けてからにしなさい。溶けないんでしょ?」

いや、”溶けない”って訳じゃなくて、”溶けにくい”んだけど。
さっき、つい大袈裟に”溶けない”って言った手前、何も言えず・・・。

20分後。
もうそろそろいいか・・・。

私「アイスクリーム♪アイスクリーム♪食べよ♪♪」
アイスクリームを手に取ると、また専務からストップ。

専務「まだ早いよ!!」

溶けちゃいます~と言いたかったけれど、ちょうどお客様がご来店。
接客に追われて、気がついたら、2時間近く経っている。あぁ~~

これは、何が何でも今すぐ食べなければ!!

私「アイスクリーム食べますから!!」

言い切って、(アイスクリームの)袋を開けると、”ボタボタ”っと、溶けたアイスクリームが・・・。

私「あ~溶けちゃってる~(涙)」

(専務の向こう側にある)水場に、一旦(アイスクリームを)置こうと、
専務の後ろを通る時、フラ~ッと、よろめいてしまった。

その瞬間、アイスクリームがタラ~ッと、専務の背中に・・・。
専務の上着に20センチくらいの長さの、アイスクリームの白い線が・・・。


私「あぁ~。ごめんなさい。専務~。背中にアイスクリームが落ちちゃいました~。」

ウェットティッシュで、(専務の上着を)拭きながら、
私「ほんとにごめんなさい。・・・うふふ。あはは。」謝りながら、笑いが止まらなくなる。
専務の上着が、化繊ぽい生地で良かった。

専務「誰が、溶けないアイスクリームって言ったんだ。全く!!(怒)」

本当に申し訳ありません。
怒り心頭に発する・・・って、こんな状態??

”溶けないアイスクリーム”って、言ったばかりに、
モナカの皮とあずきしか食べられなかった私と、

”溶けないアイスクリーム”を信じたばかりに、
上着にアイスクリームを落とされた専務。

どちらが悲惨???


でも、”溶けないアイスクリーム”って、信じる方もどうかと・・・。

2009年05月14日 (木) | 編集 |
2~3日前、専務との会話が終わって外を見ると、良いお天気。

その日の朝、運動靴を洗って、干してきた事を思い出した。

「今朝、靴洗ったんです。」

専務「・・・・」
あれっ?反応が無い。

「この間の雨で、運動靴がビショビショに濡れちゃって、臭ってきたから、今日の良いお天気に洗って、干してきたんですよ。」

専務「だったら、最初からそう言ってよ。突然、靴洗ったって言われても、返事の仕様がないよ。」

「そんなことないですよ。 ”靴洗った”って、聞いたら、”何の靴?”って返ってきて、次に ”何で洗ったの?”って、順々に会話になるじゃないですか。」

「最初から、(話が)靴を洗った説明から入ったら、それで終わっちゃうじゃないですか。会話のキャッチボールをする為の、コツですよ。コツ。」

専務「そんなこたあない。」

いや、そんなことあります!!
会話には、キャッチボールが必要なんですって!!





2009年05月01日 (金) | 編集 |
お店のレジの後ろに換気扇がある。

換気扇のすぐ下に、専務に付けて頂いた棚がある。
なので、換気扇を付ける時は、椅子(高さ約50センチの木の椅子。専務のお手製。)に登って、ヒモの根元を引っ張らないと、ヒモがまっすぐに引けない(換気扇を付けられない)。

椅子に、専務が座っていらっしゃる時は、椅子の、専務のお尻の無い(?)場所を踏み台にして、換気扇のヒモに手を伸ばす。

狭い場所に、それも50センチの高さの場所に、片足を掛けて、自分の身体を持ち上げるのが大変で・・・。

いつも専務の肩に掴まって、体重を乗せて(一応、手加減してます。)、椅子に登るのだけれど、身体が重くて、「ウンショ。」と、声が出るくらい、必死。


それが、今日は、とっても身軽に椅子に登れた。

「凄い!今日は(身体が)軽かった。身軽になったって事は、痩せたってことかな?」

専務「違うよ!!その分(私が軽かった分)こっちが重かったんだよ。(重さが)いつもの倍はあったよ。何言ってんの。」

「な~んだ。身体が軽かったんじゃなくて、体重が大部分専務の方へ行っちゃったってことなんだ。」

手加減しなかったのか???イマイチ感覚が分からないんだけど。

そんなに重かったですか?
ごめんなさい。専務m(__)m。





2009年04月12日 (日) | 編集 |
相変わらずの更年期の症状。

突然の燃えるような暑さに、思わず口からでた。

私「♪燃える男の赤いトラクター♪それがおまえだぜ~♪」(ここしか知らない・・・)

と、「なんだ、それ?」と、すぐに専務の食いつきが。

私「えっ。ご存知無いんですか?トラクターのCMソングですよ。え~っと、確か・・・そうだ、小林旭が歌ってたんです。」

専務「知らないよ。そんな歌。」

全く信じてない。私の歌がそんなにひどかったのか?いくら編曲・編詩する私でも、作詞・作曲はできません。

専務が納得されていないので、ネットで検索。

小林旭・トラクターで検索すると、小林旭が、ヤンマーディーゼルの赤いトラクターのCMに出演していて、『赤いトラクター』という歌を歌っていたという記述が。

『赤いトラクター』の曲の視聴もできるけれど、パスワードの登録が必要で、ダウンロードするには、料金が掛かる。・・・そこまでして聴きたいとは思わない。

専務も納得されたみたいだし。まっ。いいか。

その後、専務が「♪もえるおと~この、あかいトラクター~」と歌っていらっしゃったのには、爆笑。

伝染(うつ)ってるし。